海外渡航診療室より(アメリカ)

アメリカにいくダックスのニコルちゃん

f0222527_15475926.jpg

14歳なんです。若く見えますね。

出国前にいろんな病気になり、出国できるかどうか、本当に心配しましたが、
無事、本日出国前の最終チェックを終えることが出来ました。

一番大変だったのは、
胃拡張・胃捻転症候群。
食事後に胃に大量にガスがたまり、
お腹の中で胃がパンパンになり
最終的には胃がねじれて腸に食物が流れなくなってしまうという怖い病気です。
多発する病気ではないのですが、
1 興奮しやすい
2 多食 一気食い
3 食事後に大暴れ
こんなタイプの子におこりうる病気なんです。

ダックスよりは大型犬に起こりやすいです。
ニコルちゃんは、開腹手術が必要な状態になって
当院で手術を行いました。

ねじれた胃を、もう二度とねじれないように固定しなければならないという
かなり難易度の高い手術ですが
無事成功し、今はとっても元気です。

今日会ったニコルちゃんは、お母さんが可愛くカットしてくれているのもあって
いつもよりもっと若く元気な子にみえました。

ご長寿犬として元気で日本に戻ってきてくれることを祈っています113.png


トラックバックURL : https://soyokaze8.exblog.jp/tb/29854298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2018-06-15 16:08 | モンちゃん | Trackback

埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah