骨折の手術

こんにちは、獣医師の獣医師の江口です!

先日、まだ子犬のトイプーちゃんが前肢を骨折してしまったので手術をしました

術前のレントゲンがこちら
f0222527_00302180.jpg

f0222527_00302600.jpg


このように前腕は橈骨(太い骨)と尺骨(細い骨)の二本の骨でできています

今回は手首の関節寄りの位置に骨折がみられます

骨折の手術法にはいくつかあり、折れ方や場所などによって選択します

今回はプレート法を実施しました

重要なことは、骨折はただがっちり固定すればよいものではないということ

何故なら、プレートと骨が密着し過ぎると患部を修復するために必要な血流が遮断されてしまうために治癒しないからです

そのため最近のプレートは血流が阻害されないように工夫されています

術後の写真がこちら
f0222527_00302648.jpg

橈骨のしなりに対して適度にプレートを曲げて固定しました

尺骨は位置を整えればあとはそのままくっつきます

さて手術後は適度な固定と適度なリハビリです

固定ばかりでは体がサボってしまい筋肉や骨の回復が遅れてしまいます

こういうところが人と違って難しいですね!

今はもう足を着いていて経過は順調です
f0222527_00303785.jpg


頑張って早く治しましょうね~

以上、骨折についてでした
トラックバックURL : https://soyokaze8.exblog.jp/tb/27658980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2017-03-22 00:01 | 江口 | Trackback

埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah