小さいタカ?

こんばんは!
最近、埼玉県戸田市でちょっと話題になっていることがあります。

戸田市役所近くの後谷公園では、8月ごろからタカの一種の「ツミ」が巣を作って4羽のヒナの子育てをしています。
この「ツミ」ですが、日本に生息するタカの仲間で最も小さく、体長は約30センチほどだそうです。
飛行しながらの狩りに優れ、主にスズメなど小鳥類を食べますが、爬虫類、小形哺乳類、昆虫なども食べるとのことです。

オスは上面が青味がかった灰色、胸部から体側面はオレンジ色の羽毛で覆われており、メスは上面は灰褐色、下面には暗褐色の横縞が入っています。
また、ヒナは胸のあたりに茶色い班がみられ、羽の生えかわりとともに班が細く目立たなくなります。
卵からは35日ほどで孵化(ふか)し、生後25日ほどで巣立ちを迎えます。

森林などにいる鳥で、市街地に巣を作ることは珍しいことだそうです。
季節ごとに本州を南下していく習性を持っているとのことで、
もうすぐ巣立ちを迎えるそうなので、わたしも1度会いに行こうと思います(^-^*)


f0222527_282312.jpg

トラックバックURL : https://soyokaze8.exblog.jp/tb/17971275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2012-09-16 01:31 | 中郡 | Trackback

埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah