手術しました

こんばんは、獣医師の渋谷です。

先日お話した骨折した犬ですが、プレートを入れる手術をしました。
手術の手順としては、まず皮膚を切開し、骨折を整復して、プレートを入れる箇所をしっかりと決めていきます。
その後、ネジを打ち込んでプレートを固定していきます。
見づらいですが、写真は手術後のレントゲン写真です。

文章にすると簡単そうなのですが、実際はなかなか大変です。
まず、時間が経つと筋肉が収縮してしまうので、整復するというのがなかなか大変なのです。
小型犬の太さでもかなりの力を要します。
あとはその位置をキープしながら正確にネジを打ち込んでいく・・・。
このあたりは職人芸ですね。
手術が終わったらギプスで固定して骨が固まるのを待ちます。
人間だったら安静にしてくれるのですが、動物の場合は痛みがなければ元気よく動いてしまいます。
なので術後の管理というのもなかなか大変なのです。

やっぱりケガはしないのが一番ですね。
みなさん気を付けましょう。
f0222527_0295959.jpg

トラックバックURL : https://soyokaze8.exblog.jp/tb/17779277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2012-07-20 00:29 | 渋谷 | Trackback

埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah