埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah

<   2013年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ゴロゴロ

おはようございます(^-^)

ねこちゃんののどを鳴らすゴロゴロ音、嬉しい時や気持ちがいい時、安心している時などに聞かせてくれることがほとんどだと思います。

しかし、機嫌がいい時以外でもこのゴロゴロ音をだす子がいるのをご存じですか?
●病気やケガをしている時
●恐怖や危険を感じる時
●緊張している時
●出産、授乳の時など

機嫌がいい時以外にもなぜのどを鳴らすかは、
様々な説があるそうで、いまだによくわかっていないようです(^_^;)

また、本来ゴロゴロ音は、子猫が母猫とコミュニケーションをとるために使われていた音だそうです。
視覚や聴覚、嗅覚が十分に機能していない生まれたばかりの子猫は、母猫のゴロゴロ音による振動でその存在を確認し、母猫は子猫のゴロゴロ音で子猫の状態を確認していたという説もあり、その名残ではないかというものもあります。

みなさまのねこちゃんはどんな時にゴロゴロ音を聞かせてくれますか?

ちなみに
「のどを鳴らす」という表現をよく使いますが、実際にはどこで音をだしているかも諸説あり、
●喉頭質皺壁(こうとうしつしゅうへき)という仮声帯の振動
●気管から静脈洞へ流れ込む血流の乱れから生じるなど
この他にもいろいろな説があるのですが、こちらもまだ解明されてないそうです。


ねこちゃんって、本当不思議なことが多いですね!
みなさまの目撃した
ねこちゃんの不思議な行動や不思議なくせなどありましたら、是非教えてください(●^o^●)

f0222527_821965.jpg

by soyokaze-ah | 2013-06-30 06:51 | 中郡 | Trackback

今日の一枚「出会えて」

「あなたに逢えて良かった」
「先生の姿をみて、ドクターを目指します」
私は、その言葉で生かされているような気がします。
f0222527_2393977.jpg

by soyokaze-ah | 2013-06-29 23:10 | 今日の一枚 EOS60D | Trackback
先日嬉しいことがありました。

16歳になるミックス犬の子が
1週間寝たきりになり飲まず食わずの状態になり、
点滴生活を行っていました。
ある日、食欲が出てきて今では人のように1日に3度きっちり食べるようになりました。

この子の場合は自宅で静脈点滴の管理をしていただいたので
飼い主様はきっと眠れない日々が続いたと思います。
飼い主様もわんちゃんも希望を捨てず頑張ってくれたことが
いい結果を招いたのですね。

当院ではわんちゃんは17歳前後、
猫ちゃんは20歳前後の子が最高齢です。

その子、ご家族に共通する事は
1 ご家族が明るい
2 治療に積極的
3 ペットの意思、性格が比較的はっきりしている(たまには噛んでくることも・・・)

「病は気から」なんですね。
高齢になると免疫力が衰えるので当院では再生医療による治療も行っていますが
「もう年だから・・・」ではなく、「やってみます!」という方が多いです。

皆様、最高齢目指して頑張っていきましょう016.gif

ペットの年齢換算式を記載しておきます
ぜひ計算してみてくださいね。〇に年齢を入れて下さい。

小型犬と猫 24+(〇-2)×4
大型犬    12+(〇-1)×7

例 トイプードル5歳は人だといくつか?
  24+(5-2)×4=36 36歳 

f0222527_21413657.jpg

「かゆーいっ」と歯を出して掻いています。お尻までばっちりうつっていますね。
ちなみにモルモットの寿命は7歳くらい。今4歳ですが、この間抜け面であれば長生きするでしょう。
この写真を撮るため一時間ずっとカメラを構えていました。私って暇・・・。
by soyokaze-ah | 2013-06-27 21:48 | モンちゃん | Trackback

結婚式にいってきました

こんにちは。

最近は降ったりやんだり、嫌な天気が続きますね。
この前、駅からおうちへ歩いて帰っていたところ、急に雨に降られてしまい(しかも土砂降り)、ちょうど近くにコンビニや雨宿りできそうな所もなく、びしょ濡れで帰りました。
その日以降、玄関にはタオルを一枚おいています(笑)

週末には友人の結婚式がありました。その日も雨予報でしたが、カラッと晴れてよかったです(*^_^*)
前にもお話ししましたが、僕は二次会の幹事を任されていたので、二次会は写真も会話もろくにできず…(^_^;)
準備不足なところもあって、曲の流し方など失敗したところもありましたが、でも全体的に盛り上がってくれて、いい二次会になったと思います。
大変でしたが、新郎新婦もとても喜んでくれたし、僕自身いい経験ができたと思います。

当日の休みはもちろん、直前にも準備のため何度か早上がりなどさせてくれた、院長にはとても感謝しています(*^_^*)

式の翌日、テレビを見ていたら、たまたまその式場で撮影していた番組がやっていて、一人でテンションが上がっていました(笑)
f0222527_14325978.jpg

by soyokaze-ah | 2013-06-26 14:30 | 村上 | Trackback

ディスプレイ

おはようございます

受付の前のディスプレイを少し変えてみました( *´艸`)

今だけ限定でデンタルケア商品のお試しサイズを用意しました
わんちゃん用・猫ちゃん用のガム
歯磨きペースト
液体タイプのアクアデント
どれも使い切りサイズでお値段もお手頃なのでぜひお試しください
川島先生のブログにもありましたが、歯周病で困っているわんちゃん、猫ちゃんはとても多くなってます(´;Д;`)
予防をきちんとしてあげましょう

f0222527_741737.jpg

by soyokaze-ah | 2013-06-25 07:03 | 鈴木 | Trackback

猫と洗濯ネット

こんにちは(*^^*)

当院では、ねこちゃんの来院時、
ねこちゃんを洗濯ネットに入れて連れてきて頂くようご案内をしています。

洗濯ネット?と不思議に思う方も
多いと思いますが、
ねこちゃんにとって狭くて安心する場所であり、また万が一パニックを起こしてしまったときも、逃走などの心配がありません。

入れるときはサイズを大きめの物にし、
しっぽや耳を挟まないようお気をつけください(^-^)

ちなみにこの千恵?は
日本発のものだそうで、海外にはまだ
浸透していないそうです。

f0222527_983717.jpg

by soyokaze-ah | 2013-06-24 08:51 | 石川 | Trackback

対策


おはようございます(^-^)

今回は前回お話しした通り、
うさちゃんの熱中症の対策について、簡単にご紹介します。

●温度や湿度管理を徹底し、湿度は70%以下にする
●ケージは日光の当たらない涼しい場所に置き、風通しをよくする
●水分を切らさない
●ケージ内は清潔に、傷んだフードは処分する
●エアコンをつけ、28度以下に保つ
 *急激な温度変化に弱いので気を付けてください。
●暑い時間帯の移動や長時間の抱っこは避ける
●暑さ対策グッズを利用する
 *アルミ製のボードは熱伝導率が高いため、
  暑い場所ではボード自体も熱を持ち、効果が期待できないようです

熱中症は夏だけでなく、暖かくなってきた春や涼しくなってきた秋にもかかることがあるので注意が必要です。
予防をしっかりすれば、防げる病気です。
・・・とはいっても、夏場のエアコン節電も叫ばれている中、大変なことも多いかと思います。
飼い主様が一緒にいられるときや少しのお留守番のときは、ケージの周りに保冷剤をおいて、扇風機を回し、温度を下げる方法もあります(ただし冷やせる時間が短いので、注意が必要です)。

いろいろな工夫をしつつ、うさちゃんの様子に気をつけて、夏を乗り切りましょう!!
by soyokaze-ah | 2013-06-24 04:04 | 中郡 | Trackback

今日の1枚 「今を」

悩みはその人の人生を揺るがしかねない。
悩みに囚われると、正常な判断や考えができなくなり、
生を実感できない。
二度と帰ってこれない時もある。
でもつらい経験は必ず将来の糧になる。
だから狭い視野で考えないで。
辛さや苦しみも人生のスパイス。
少しの冒険と、少しの勇気で、人生観が変わる。

今を生きていますか?



f0222527_0123846.jpg

by soyokaze-ah | 2013-06-23 23:42 | 今日の一枚 EOS60D | Trackback

レスキュー隊出動

先日与野公園にて子猫がレスキュー隊に保護され、
当院の飼主様が猫ちゃんをお連れになりました。
どうしてレスキュー隊まで出動したのかというと・・・

子猫が木に登っているのを発見
→その場にいた方が踏み台を持ってきて救助しようとする
→猫がどんどん登っていく

そこでレスキュー隊を呼ぶことになったそうです
木の下にマットを敷いて木から落として終了。

小さな子猫に対し、
ギャラリーが多数いたそうです。

この話を聞いてまだまだ日本でも優しい方がたくさんいるのだと安心しました。

レスキュー隊の方、大変でしたね。怪我されていないか心配です。

この子猫ちゃん、感謝するどころか「シャー」と終始威嚇していました。けれど、
食欲旺盛でした。元気な子に育つのでしょうね。
by soyokaze-ah | 2013-06-23 00:01 | モンちゃん | Trackback

子猫ちゃんの怖い病気

今週末、友人の結婚式に参加します。最近多いなぁ…(^_^;)

そして、二次会の幹事をやることになり、最近はその準備でヒーヒー言ってる日々です。

まだまだやらなきゃいけないことがいっぱいですが(当日までもう数日しかないのに…)、新郎新婦にとっていいパーティーになってくれるようがんばります(*^_^*)

さて、今日、子猫ちゃんがなんだか元気がなくなってきたということで来院されました。
診察室で話を聞いてみると、お腹も膨れてるような気がするとのこと…

子猫ちゃんでお腹が膨れてる、怖いです。
ただお腹いっぱいにご飯を食べてるだけならいいのですが、食欲も少し落ちてるということなので…
実際見てみると、やはりお腹は大きくプヨプヨした感じ。
エコーで見ても、やはり腹水が溜まってるような所見でした。

猫伝染性腹膜炎というとても怖い病気の可能性が高いです。そして、もしその病気なら、助かる確率はかなり低いです。

検査機関に電話して即日で血液の精密検査を依頼し、今はその結果待ち。
ウイルスが陽性か陰性か、陽性とならないことを願うのみです。
f0222527_894024.jpg

by soyokaze-ah | 2013-06-20 08:05 | 村上 | Trackback