埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah

<   2012年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

オリンピック

4年に1度のオリンピックが始まりましたね(●´ω`●)
見たいですが、ロンドンとの時差があるのでリアルタイムでみることができません…


わんちゃんも競技大会があるのです!!
アジリティーは知っていますか?
様々な障害物を通り、競争するものです
・ハードル
・トンネル
・ロングジャンプ
・タイヤ
・スラローム
・シーソーなど

わんちゃんの大きさや種類別でタイムを競います

私も大型犬を飼ったら挑戦したいです( ´艸`)
by soyokaze-ah | 2012-07-31 14:05 | 鈴木 | Trackback

レーザー導入

新しい医療機器を導入しました。

医療用レーザーです。

レーザーって女性でしたら
脱毛の時に使うということでよくご存じですよね。

もちろん脱毛するという機能もあり
シーズーなどの逆さまつ毛治療などでも使えます。

ほかにどんなことをする機器なのかご説明します。

1疼痛緩和 (椎間板ヘルニアの治療で投薬治療と併用します)

2創傷治癒 (傷の治りが早くなります)

3緑内障の治療:網様体凝固術 (緑内障になってもあきらめないで大丈夫。今まで点眼薬にたよっていましたがレーザーを利用することで眼圧低下が期待できます)

4歯周病の治療(スケーリングと併用することで効果がアップします)

5軟口蓋過長症の手術 (パグなどで必要な場合があり、電気メスより炎症が起きづらいです)

6腫瘍の治療 (無麻酔下で動物に苦痛を与えずに治療できる場合もあります)

7縫合糸を使わない手術 (縫合糸に反応しやすい子に対し効果大。糸による結紮手術に比べ手術時間の短縮につながります)

このように多くの治療に対し利用できる機器ですので
今後、治療の選択肢がかなり広がります。

今まで治療をあきらめていた方も
レーザーで動物の体や飼い主様に負担をかけることなく
解決策が見つけられるかもしれません。

まだまだ動物病院でレーザーを導入しているところは少ないので
レーザーの良さを皆さんにご紹介していきたいと思います。

ちなみに本日は
腫瘍の治療
避妊手術で利用しました。
f0222527_235824.jpg

モンはオスですがワンピースも着せてみました。いかがでしょうか????






 
by soyokaze-ah | 2012-07-29 02:37 | モンちゃん | Trackback

少し経ちました(^o^)


サロンがオープンしてからしばらく経ちました(^0^)
以前とは違いシャンプーやカットをずっとしていますが凄く楽しいです♪

今日は先輩トリマーさんと一緒に写真を撮りました!
松本先生が写真をとってくださったのでどのように写っているか楽しみです(o・v・o)
(ホームページにのる可能性も…(笑)


今日も髪型がドラえもんにでてくるジャイ子のようでした!
毎日が新しい発見の日々なのでやっぱりトリミングが大好きだなぁと感じます(^-^)
by soyokaze-ah | 2012-07-27 21:04 | 池田 | Trackback

バキッと折れました

おはようございます、獣医師の渋谷です。

先週からの骨折の件ですが、ワンちゃん自信はものすごく元気です。
ただ、とても元気すぎるといいますか、激しくうごくものですから、なんと腕の中に入っているプレートが折れてしまいました。
しっかりギブスをつけて、入院犬舎に入っていたんですが・・・。
ここまで激しく動いてしまう子も珍しいです。
今は再手術をして、さらにもう一枚プレートを補強しました。
(写真を撮るのを忘れてしまいました・・・)
ギブスも再度強力に固定しています。
相変わらず元気ですが、今のところは大丈夫そうです。
今度はうまくいってほしいですが、おうちでおとなしくできるかどうか、不安ですね・・・。
f0222527_7342896.jpg

by soyokaze-ah | 2012-07-27 07:34 | 渋谷 | Trackback

夏バテ予防 ♪

夏本番の暑さが続いていますね ^_^;

暑い夏こそ、ゆっくり入浴をすることによって
夏の疲れ・冷え・ストレスの解消ができ、夏バテの予防にもなるそうです。
入浴による作用は・・・
「温熱」により、筋肉を弛緩させて精神的に落ち着かせる。
「水圧」により、呼吸数が上昇し、心臓の働きが活発になり全身の血行が良くなる。
「浮力」により、水中で身体が軽くなる為、だるさを感じなくなりリラックスできる。
・・・っと、とても効果がありそうですね。(*^。^*)

大切なペットたちにも、元気に夏を過ごしてもらう為に・・・
◎ 高温で換気の悪い環境に長時間放置することは、絶対にやめてください。
◎ 室内の温度(暑すぎ・冷えすぎ)や、お散歩をする時間に注意しましょう。
◎ 細菌の繁殖・食中毒を防ぐため、食器をいつも清潔に保ち
   食事ごとに新鮮なフードとお水を与えるようにしてください。
◎ 防虫対策を十分行ってください。

人もペットも、しっかり健康管理をして、暑い夏を乗り切りましょう(^o^)/

f0222527_2245793.jpg

                    夏用の、いろいろな入浴剤がでています。
                    日替わりで楽しむのもいいですね。(*^_^*)
by soyokaze-ah | 2012-07-26 00:48 | 細渕 | Trackback

辛い!

夏と言えば辛いものが食べたくなりますが、わんちゃんたちには危険なのです。゚(゚´Д`゚)゚。


多くのわんちゃんは香辛料の匂いが苦手な傾向にありますが、中には好む子もいるのでやめさせましょう!!


さまざまなトラブルを起こします…
胃を刺激して肝臓・腎臓に悪影響を及ぼす可能性があります
さらには感覚麻痺なども起こしてしまいます

わんちゃん達の食べ物の誤飲は気をつけましょう(゚Д゚)

家で生春巻きを作りました
f0222527_22201263.jpg

by soyokaze-ah | 2012-07-23 22:17 | 鈴木 | Trackback

名前♪

ワンちゃん、ネコちゃん名前ランキングはよくみかけるのですが、うさちゃんやフェレットちゃんなどの名前ランキングはどうなっているのでしょうか!??
先日、アニコム損害保険株式会社から、「鳥・うさぎ・フェレット」を対象に調査した「名前ランキング2012」が発表されました。
今回は総合部門と男の子・女の子部門の『ベスト3』を発表します!

☆総合部門☆
◆鳥 
1位:ソラ・ピー 3位:ハナ
◆うさぎ
1位:マロン 2位:モモ 3位:モコ
◆フェレット
1位:モモ 2位:チョコ 3位:クゥ

☆男の子部門☆
◆鳥
1位:ソラ 2位:ポポ 3位:ハナ・ピッピ・ピピ・マロ
◆うさぎ 
1位:マロン 2位:モコ 3位:ソラ
◆フェレット 
1位:コタロウ 2位:テン 3位:クゥ

☆女の子部門☆
◆鳥 
1位:ハナ・ピー 2位:レモン 3位:ココ・ソラ・ナナ
◆うさぎ 
1位:モモ 2位:ハナ・ミミ 
◆フェレット 
1位:モモ 2位:ヒメ 3位:チョコ・リン

身近な子たちの名前はありましたか?

「ソラ」ちゃん、「モモ」ちゃんという名前はワンちゃん・ネコちゃんに限らず、大人気の名前のですね(^-^)
そして、鳥の名前では「ピッピ」「ピピ」など鳴き声にちなんだ名前、うさぎの名前の「ラビ」、フェレットの名前の「テン」「ポンタ」など、どうぶつ種にちなんだ名前がランクインしているのが特徴的だそうです。

f0222527_742456.jpg
 
by soyokaze-ah | 2012-07-22 06:08 | 中郡 | Trackback

病院のロゴ発表

突然ですが病院のロゴが新しくなったことにみなさん気づきましたか?
さわやかなイメージで、気品があるロゴになったと思います。
今回は病院バージョンとトリミングサロンバージョン、ペットホテルバージョンを作成したので
是非、感想をお聞かせくださいね。
f0222527_20431067.jpg
f0222527_20435043.jpg
f0222527_2044939.jpg

by soyokaze-ah | 2012-07-21 20:43 | 院長 | Trackback

改めて…


もうそよかぜに来た方はご存知だと思いますが、私は病院の隣にあるペットサロンの方に現在います!
いま大先輩のトリマーさんと、看護師の大先輩と一緒にトリミングを行っています(笑)

よく見かけてくださる飼い主様に聞かれることは『もうずっとこっちにいるんですか?』という質問です!
今までと仕事は変わりますがこれからもよろしくお願いします(^0^)

見かけたら気軽に声をかけて頂けると嬉しいです(o・v・o)


今日はとても涼しくて気持ちよかったです。
by soyokaze-ah | 2012-07-20 23:13 | 池田 | Trackback

手術しました

こんばんは、獣医師の渋谷です。

先日お話した骨折した犬ですが、プレートを入れる手術をしました。
手術の手順としては、まず皮膚を切開し、骨折を整復して、プレートを入れる箇所をしっかりと決めていきます。
その後、ネジを打ち込んでプレートを固定していきます。
見づらいですが、写真は手術後のレントゲン写真です。

文章にすると簡単そうなのですが、実際はなかなか大変です。
まず、時間が経つと筋肉が収縮してしまうので、整復するというのがなかなか大変なのです。
小型犬の太さでもかなりの力を要します。
あとはその位置をキープしながら正確にネジを打ち込んでいく・・・。
このあたりは職人芸ですね。
手術が終わったらギプスで固定して骨が固まるのを待ちます。
人間だったら安静にしてくれるのですが、動物の場合は痛みがなければ元気よく動いてしまいます。
なので術後の管理というのもなかなか大変なのです。

やっぱりケガはしないのが一番ですね。
みなさん気を付けましょう。
f0222527_0295959.jpg

by soyokaze-ah | 2012-07-20 00:29 | 渋谷 | Trackback