埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah

<   2012年 04月 ( 39 )   > この月の画像一覧

キャンペーン②

前回はキャンペーンの血液検査について書きましたが、今回は尿検査です▽・w・
『おしっこの検査なんか…』とは思っていませんか?
いろいろ見つかるのです!!


尿検査の目的
おしっこを調べることで、目には見えない体の異常をいち早く見つけることができます

尿検査でわかること
病院では飼い主さんに渡している、尿検査の紙があります
順番にみていくと…

・潜血
尿路結石や膀胱炎、前立腺炎
・ケトン体
急性の糖尿病
・ビリルビン
黄疸を引き起こしているので肝臓病や胆道の病気の可能性
・蛋白質
たんぱくが多いときには腎臓病
・ブドウ糖
通常ではおしっこに糖は出ないですが、糖尿病のときにはおしっこにも出ます
・ph
phが高くの時にはストルバイトという石ができやすい環境になります
・比重
高くなれば糖尿病や心不全
低ければ慢性腎炎、子宮蓄膿症
・尿沈さ
結石や血液などが見れます



病気のときはもちろん異常が出ますが、多いのがおやつのあげすぎです…

この機会に尿検査をしてみては?
by soyokaze-ah | 2012-04-30 22:02 | 鈴木 | Trackback
「はっ」とするような
美しい出来事に出会った瞬間、
確かに人生の切り替わる音が
聞こえたんだ。

そんな音を、
もう一度聞きたくて
僕たちは、いろんなところで
その瞬間を探している。

だからこそ、
本当の意味で生きていける。

f0222527_243247.jpg

by soyokaze-ah | 2012-04-30 02:43 | 今日の一枚 EOS60D | Trackback

マイクロチップって!??

今日は天気も良くとても暖かくて、あついくらいでしたね。
さて、前回宣言したとおり、今回はマイクロチップについてです。

まず最初にマイクロチップとは…!? 
小さな円筒形の個体識別装置です。世界で唯一の15ケタの番号が記録されており、
この番号を専用の機械(リーダー)で読み取ることができます。
*リーダーは全国の動物保護センターや保健所、動物病院などにおいてあります。

次にマイクロチップのメリットをいくつか紹介します。
・一度体内に埋込むと、脱落したり、消失することはほとんどありません。データが
書きかえられることもないので、確実な身元証明になります。
・リーダーから発信される電波を利用して、データ電波を発信するため、電池が不要で、
半永久的に使用できます。
・地震などの災害、迷子や盗難などによって、飼い主様と離ればなれになっても、
マイクロチップ番号をリーダーで読み取り、登録されている飼い主様の情報を確認することで、飼い主様のもとに戻ってくる可能性が高くなります。

そして、最後に埋込み方法についてです。
通常のワクチンと同じように背中の皮下に専用のチップ注入器(いつもよりは少し太い注射針)を使っていれます。痛みは普通の注射と同じくらいといわれています。

話は変わりますが
今日からゴールデンウィークですね。旅行に行かれたり、お出かけされたりするかと
思います。病院に来られた際には、ぜひ私にもその時の話などきかせてください(^-^)
by soyokaze-ah | 2012-04-29 07:34 | 中郡 | Trackback

ぶどう膜とは?


今回で最後になった目のシリーズは『ぶどう膜』です。
ぶどう膜とは目を構成する膜の一部(虹彩・毛様体・脈絡膜)の総称です。

そのぶどう膜が炎症をおこしぶどう膜炎となります。
ぶどう膜炎になると白目の強い充血や目をショボショボする、瞼の弱い痙攣、瞳が小さくなるなどの症状を示します。

ぶどう膜炎の治療は目の痛みや炎症を抑える薬と瞳を広げる点眼薬を使用します。
症状によっては点眼薬、内服薬あるいは注射薬を組み合わせて治療します。
ただ目が痛そうにしていると思って放置していたら実はぶどう膜炎という失明を起こしかねない病気だったということがあります。
異常かなと思ったらすぐにご相談下さい。
またこの病気の背景には腫瘍免疫介在性疾患などの他の病気が隠されていることもあります。


ちなみに私は友人に眼鏡を奪われたことがあるのですが、その眼鏡を床に置かれてもう少しで自分で踏んでしまうところでした。
(踏む前に気づいたので本当に良かったです。)
by soyokaze-ah | 2012-04-27 23:15 | 池田 | Trackback

減量苦2

こんばんは、獣医師の渋谷です。

とうとう試合が来週の月曜日に近づいてきました。
体重制限は65㎏・・・。
現在の体重は、66.5㎏・・・。
う~ん、全然減りませんでした。
まああと数日ありますので、どうにかなるんじゃないかと思ってはいるんですけど。
やっぱり中年になるとなかなか減量はできませんね。
年はとりたくないものです。
なんちゃって。
まあ当日汗かきまくってでも体重は減らすので、どうにかなるでしょう。
というより、体重オーバーなんてことになったら破門されてしまいます。
うちの館長厳しいんで。
とにかく優勝できるようにがんばります!!
f0222527_1405580.jpg

by soyokaze-ah | 2012-04-27 01:41 | 渋谷 | Trackback
尊敬する人

その人と会うたびに、
心が燃えるのが自分でわかる。
自分自身に問い詰める。
まだまだ、学ぶことはたくさんある。
「毎日成長しているであろうか」

頭を下げるのを忘れてはならない。
「自分はこの人みたいに謙虚であっただろうか」

前に進むのを忘れてはならない。
「私は、立ち止まってはいないだろうか」

悔しさを忘れてはならない。
「向上心をいつももっているであろうか」

今は背中しか見えない。
いつか、いつか並んで歩きたい。
それが私の原動力。
f0222527_0444437.jpg

by soyokaze-ah | 2012-04-27 00:45 | 今日の一枚 EOS60D | Trackback

パンダの秘密

上野動物園に行ってきました。(*^_^*)
数年前に、パンダを見に行った時、パンダ舎 には レッサーパンダ の姿しかなく・・・
かなりガッカリしたことを 忘れられません。
上野には、ずっとパンダがいるものだと思っていたのですが、ブランクがあったのですね~。

久しぶりの パンダの姿は、本当に可愛くて、見ているだけで 癒されました。(*^。^*)
f0222527_2333894.jpg

パンダの前脚には、熊の手のように 横に並ぶ、5本の指の他に
「第6の指」 と呼ばれる 親指の下の 突起と
「第7の指」 と呼ばれる 小指側の手首付近の 突起があり
その全てを使って 物をつかんだりしているのだそうです。(・。・;

竹の葉や 茎の部分をしっかり握って 「ムシャムシャ」している 愛らしい食事姿には
7本の「指」の秘密があったのですね・・・。
f0222527_2345550.jpg

by soyokaze-ah | 2012-04-25 23:15 | 細渕 | Trackback

毛が生える!?

昨日(23日)は僕の誕生日でした。
カルテなどに日にちを書くたびに密かにちょっとテンションが高くなったりしてました(笑)
お昼休みには病院スタッフからのケーキのプレゼントをいただいて、まさかの展開にとても嬉しかったです(#^.^#)
うちのスタッフは4月生まれが僕を含めて4人、3月が1人、5月も1人となぜかすごいかたまってます(笑)

さてこの時期でも相変わらず皮膚病で悩んでいる方はいっぱいいます。その一つに脱毛症があります。

先日のニュースで、生まれつき体毛が無いマウスの背中に、大人のマウスの毛包の幹細胞を採取・培養したものを移植した実験を行った、というものがありました。

結果、7割のマウスに3週間後、毛が生えた。
しかも元のマウスと同様に3~5ミリまで伸び、毛の硬さや縮れなどの特徴も同じ、周期的な生え変わりも同じだったようです。
さらに幹細胞を増減させると、発毛の密度や本数も変わり、色素に関する幹細胞を加えると白や茶にもできました。

写真でマウスの背中、首のあたりに黒い毛が生えているのがわかります。
毛の本数を増やしたり、色を変えたりも自在なのでしょう。

発毛に対しての研究はここまできたかと思いました。人の髪の毛を対象にした実験なのでしょうが、動物の脱毛症にも応用できる日がくるのでしょうかね。




f0222527_11123621.jpg

by soyokaze-ah | 2012-04-25 11:06 | 村上 | Trackback

春キャンペーン

今、キャンペーンでフィラリア検査
と一緒に血液検査もオススメしています(*´▽`*)
わんちゃんたちも人と同じように、血液検査をすることで病気の早期発見に繋がります(*´∀`)

どんなことがわかるのでしょう?

・肝臓の疾患
 肝硬変、黄疸
・腎臓の腎臓
 腎不全
・ホルモン系の疾患
 甲状腺機能亢進症
 甲状腺機能低下症
 アジソン病
 糖尿病

早めに見つかれば、病気を治したり、進行を遅らせたりする事ができます(`・ω・´)
血液検査をするときに気をつけてほしいことがあります!!
血液検査するときはなるべく絶食でお願いします
ご飯を食べて検査をすると正確な結果が出ないときがあります…
そのときはもう一度絶食で検査を勧めています

お年の子はもちろん、若い子でもなる病気もあるので1年に1回検査をしましょう(≧∀≦)
by soyokaze-ah | 2012-04-23 23:12 | 鈴木 | Trackback

こんばんは!

暖かくなったり、寒くなったりした日が続いてますが体調のほうは大丈夫でしょうか???

先日、首都直下地震などの被害想定が見直されたニュースがありました。
みなさまは地震対策はされてますか?

過去の震災から次のようなことがワンちゃん・ネコちゃんの身におこると想定されているそうです。
1、ヤケドやケガなどをしてしまう。
2、迷子になる。
3、飼い主様が飼育できなくなる。
4、ご一緒に避難されることによる周囲とのトラブル。
5、飼い主様と離れ離れになることによるストレス。

このようなことがおこった時のために、また、おこらないようにするために準備できることがあります。

○準備するもの
 ●えさ…保存がきき、普段食べなれているものを多めに。1週間分くらい。
      予備の食器もあるといいそうです。
 ●飲料水
 ●ペット用品…リード、首輪(胴輪)、ペットシーツ、ケージやキャリーバッグ
 ●その他…タオル、捜索用の写真
        飼い主様のにおいがついたもの
        (離れて生活しなければならなくなった時に安心できるように) 

このほかにも、預け先をみつけておいたり、感染症予防のためにワクチン接種や鑑札や迷子札をつけるなどがあります。
ただ、鑑札は外れてしまうこともあるので、それでも大丈夫なようにマイクロチップというものもあります。
次回は、そのマイクロチップについて説明したいと思います。

ちなみに
うちの猫は最初怖がっていた地震にも慣れ、今では震度4くらいではこんな感じで寝たままです(苦笑)
f0222527_7415578.jpg

by soyokaze-ah | 2012-04-22 07:45 | 中郡 | Trackback