埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah

<   2011年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

大阪弁

診療をしているとついつい、関西弁が口から出てきてしまいます。
もうお気づきかと思いますが、関西弁と標準語を使うことが出来るんです~!!
凄いでしょ!!!!
と言うより、関西弁を耳にすると、頭のスイッチが切り替わって、勝手に関西弁になってしまうんです。・・・・スタッフからは「その言葉使いは好きじゃない」とか何とか言われますが、そんなことは気にしません。

私の出身は兵庫県なんです。兵庫県???知らない???
宝塚や灘中学校、カブト山が有名です!!
子供のころによく 淡路島に行ったり、神戸のポートピアアイランドに遊びに行ったり。

私は、両親の仕事の都合で、兵庫県 西宮市で小学5年生まで過ごしました。
母校は「広田小学校」という、1学年200名もいるマンモス校です。
その小学校は家からとても近く、家の目の前が小学校だったので、
朝はぎりぎりまで寝てたし、夜は、日が暮れるまで小学校で全身が真っ黒になるまで遊んでいました。そのときに沢山の親友達と出会い、サッカーしたり、喧嘩したり、共に感動し、大事な思い出をいっぱい作りました。
子供のころは凄くやんちゃで、教室の中でもとても有名な問題児でした。
時効だと思うので、少し告白します・・・・
住んでるマンションの5階からオシッコして、母親達の井戸端会議に水をさしたり(母親に半殺しにされました)、学校の非常灯を鳴らしたり(父親に半殺しにされました)、テストで悪い点数を取ったら平気で隠してなかったことにしたり(結局はバレて塾に強制連行)、遊びに夢中で夜中になっても帰って来なかったり、どぶ川に入って海を目指したり・・・。本当にごめんなさい。

日曜日になると少年サッカースクールで鬼のようにしごかれ、今では考えられないような体罰も当たり前のように実地され、ただがむしゃらにサッカーボールを追い回し、いつかは「キャプテン翼になる」って心に夢を抱く少年の一人でした。
そんな子供時代も、小学4年生になると中学受験という出来事で様相を変えることになります。
母から、「受験って凄いのよ!!タイスケも受験する??お父さんみたいに凄い人になれるのよ!」って聞かされ、
「受験っていったい何なのか?」も知らず、半ば洗脳されるように受験勉強をすることになりました。
今思えば、受験って全然凄くない・・・っていうか詐欺もいいところです。
「凄い!」と言う言葉だけで完全に乗せられてしまい、
結局はサッカーをあきらめ、1分刻みに管理される受験戦争に突入しました。

「1分刻みのスケジュール管理」と言うのは
決して大げさに書いているわけじゃないですよ。
新聞のテレビ欄みたいに、何時から何時何十分までは「算数の何ページ」
その後何時から何時十分までは「理科の何ページ」「その後10分休憩」と言うように
勉強と遊びのタイムスケジュールが24時間、父親と母親の手によって手書きで毎日作られ、
それを全く反抗せずに黙々とこなしていました。
そして、気がついたときには、勉強するのが習慣になりハチマキを額に巻きつけ机に向かう漫画のような受験勉強をしていました。
しかし、小学5年も終わりに近づいたある日、父親の仕事の都合で千葉に引っ越すことになり
泣く泣く親友達とお別れし、兵庫県を後にしました。

しかし、ここで大問題が・・・
関西では「国語・算数・理科」の3科目受験なんです。
関東では・・・社会が加わり4科目。
今まで3科目しか受験勉強していなかった私としては、「社会って何???歴史???何それ?」って感じでした。だからいきなり成績が急降下・・・

今思うと辛く、大変な子供時代でした。・・・もちろんこんな私を育ててくれた両親のほうがもっと苦労したと思いますが。 
f0222527_1444874.jpg

by soyokaze-ah | 2011-10-31 01:22 | 院長 | Trackback

産まれました!

昨日の夜中帝王切開が行われました。無事、4頭の元気なチワワが誕生しました。

帝王切開とは
母体が自力で産むことが困難な場合、
または困難だと予想される場合に
行われる手術です。

全身麻酔をかけて行いますので
母体だけでなくもちろん
お腹にいる胎児にも麻酔がかかります。

ですので
1 素早く正確な手術(ゆっくりしていては胎児に麻酔がどんどんかかってしまいます)
2 胎児の蘇生術(麻酔から覚醒させる必要があります)
以上の2つの技術が必要で
これらを同時に行うためには
スタッフ間のチームワークが必要となります。

今回、帝王切開に初めて加わったスタッフをはじめ
全員が新しく産まれた命に感動をしました。
お腹から取り出された胎児が
息を吹き返し自分で呼吸をし始める姿は
何度見てもやはり嬉しいですね。

今回自分の手で懸命に蘇生を行った
看護師たちは
きっとずっとこの感動を覚えているんだろうなと思います。

院長の迅速な緊迫した手術野の中では
村上先生が助手役を必死にこなしていました。
緊張していたんでしょうね。でも立派にやっていました。

この私はというと・・・
まあ良い言い方をするとコーディネーター役っていう感じで行ったり来たりしてました。
スタッフが育って来ているので残念ながらあまり大事な役目はありませんでした。
もっと素敵な役割を果たしたかったなあ。

疲れきってしまったお母さんチワワですが
育児放棄もせず、頑張って子供のお世話をしているようです。
ほっとしました。

今回、私たちを信頼して下さり、帝王切開に踏み切る決断をされた
飼い主様に深く感謝致します。

産まれたばかりの子たち
f0222527_2311752.jpg


お腹が痛いのにおっぱいをあげています・・
f0222527_23114041.jpg


病院正面の広場にて
f0222527_2315169.jpg

by soyokaze-ah | 2011-10-29 23:18 | モンちゃん | Trackback

心臓病…?


家で一緒に暮らしているわんちゃん達の体調はどうでしょうか?
夏も過ぎてすっかり涼しくなったため過ごしやすくなりましたね(^0^)

でも、最近当院ではこのような症状を聞きます。
「咳をするようになった」
「ゴホゴホと咳き込んでいる」
このような症状がでたらもしかしたら心臓が悪い可能性があります。
当院では現在キャンペーンで心臓の検査が出来ます!
検査は至ってシンプルです。
わんちゃんから血液を頂きます。
その血液を10分間『遠心分離器』という機械にかけて血清という透明に近い液体を専用のチューブに入れて検査に出します。
これだけで、心臓病なのかいち早く調べることが出来るのです。
先日この血清を専用のチューブにうつす方法を松本先生から教えて頂きました!
シリンジと注射針を使って慎重にやりましたがとても緊張して手が震えました。(もちろん無事にチューブに移すことが出来ました!)

特にキャバリアやシーズー、小型犬の子は心臓病のリスクがあるため冬の間にこの血液のセットをうけてみませんか?
by soyokaze-ah | 2011-10-29 00:53 | 池田 | Trackback

魔裟斗

こんばんは、獣医師の渋谷です。

今日はたまったレコーダーを処分してしまおうと思い、データを整理していました。
もう見ないなあというやつはバンバン消していってやろう!と意気込みました。
まあこういう片付けの類は、古いものを見始めてまったく作業が進まない・・・というのが常でして。
僕もさっそくハマってました。
格闘技が好きなので、K-1も映像が残っていました。
2008年のK-1 WORLDーMAXの試合です。
この大会はとても良い大会でした。
すごく面白い試合ばかりで、興奮しっぱなしだったんです。
優勝は魔裟斗選手でした。
有名なので知っている人も多いと思います。
大会はトーナメント制で、この日は準決勝からなので二試合勝つと優勝です。
でも魔裟斗選手は二試合ともダウンを奪われてしまうんです。
でも最終的には盛り返して延長での判定で二試合とも勝利して優勝しました。
ダウンを取られたら逆転は難しいトップレベル相手ですので、とてもすごいのです。
当時でも感動してしまいました。
そして見始めた現在も感動です。
そして作業は進みませんでした・・・。

この試合であきらめないことを学びました。
頑張らなきゃいけないですね。
K-1も開催が危ぶまれている現在ですが、また復活してほしいですね。
by soyokaze-ah | 2011-10-28 00:32 | 渋谷 | Trackback

再び森へ・・・ ♪

またまた 「自然散策」をするため、トレッキングに出かけました。
先月の、緑の森から一転、紅葉に色づき始めた森も、とてもきれいでした。

f0222527_22203431.jpg


今回は、野生の 「ムササビ」 が滑空している姿を、見ることができました!!
想像していた 「ムササビ」 は、手のひらサイズの生き物だったのですが
それは、どうやら 「モモンガ」 だったらしく・・・。 (@_@;)
「ムササビ」 は、体長30~45センチ、尻尾30~40センチ、体重1~1.5キロ。
ちょっと 小さめの 猫ちゃん ぐらいはあります。

前足と後足の間にある、「飛膜」 と呼ばれる膜を広げて
音もなく、樹から樹に飛び移る姿は、とっても優雅で、思わず見とれてしまいました。
最長で、160m程度の滑空をすることができるそうですよ!

f0222527_22285852.jpg


シベリア方面から渡来してくる、冬鳥(アトリ) の群れもにも、遭遇しました。
現地の方曰く、今季初めての目撃だそうです。
「冬」 が、近づいて来ましたよ~。 (*^_^*)
by soyokaze-ah | 2011-10-27 01:04 | 細渕 | Trackback
こんにちは。

先日のモンちゃんのブログでそよかぜのインターナショナル化についてありましたが、その数日前の昼休みのこと。
お昼休憩でご飯を食べ終わり、まったりとした時間がすぎていたその時、一本の電話が。

僕はいつも通り普通にとると、いきなり

「アナタハ英語ヲ話セマスカ?」

「えっ!?」

かなりテンパる。

「少ししか話せません。」
(ホントはほとんど話せません。)

それから相手の方は英語オンリーで話してきまして…
僕は何個かの単語を聞き取るのが精一杯でして…
隣で鈴木さんが僕の聞き取れた数少ない単語をパソコンで調べてくれていたのですが、ほとんど会話にはならず(>_<)

僕が相手にこうですか?みたいに質問しても的外れのようで、返ってくる返事はいつも残念そうに

「No〜」

ばかり…
かなり気まずい空気(^_^;)

結局、
「I'll be call back later , thank you.」⇦多分(笑)
みたいな感じで終わってしまいました。
後日、通訳の方から電話があったようで、無事診察に至ることとなりました。
ただ通訳の方も日本語が片言のようでしてたが…(^_^;)

でも、あの日の松本先生の診察してる姿はいつにも増してかっこよかったなぁ(#^.^#)
やっぱり何事も自信を持って堂々とやるってのが大事なんですよね!あの時の自分は不安の塊でしたから…
がんばろう!
by soyokaze-ah | 2011-10-26 01:31 | 村上 | Trackback

大きくなる前に


前回でも避妊手術をしていないことで発生する病気『子宮蓄膿症』についてお話ししましたが、実はこの病気だけではありません(×_×)
『乳腺腫瘍』というおっぱいの病気です

おっぱいの付近にしこりができ、触ると分かるので、よく飼い主さんが発見する事もあります
良性のもの、悪性のもの2つあります特に気をつけたいのは悪性のもの、いわゆるガンです(´・ω・`)
わんちゃんではガンである確率は50%、猫ちゃんでは70~90%が悪性のものと言われています
悪性のものの特徴はしこりが急速に大きくなり、1~2ヵ月で2倍にもなる場合があります(;¬_¬)
また、悪性の場合はほかの臓器(特に肺)に転移する事もあります

この、病気を防ぐには…
初めて発情がくる前に避妊手術をすれば『乳腺腫瘍』は防ぐことができます(*^-^*)
防げる病気は防いであげましょう(*´∀`)
by soyokaze-ah | 2011-10-24 21:00 | 鈴木 | Trackback

国際化

とうとう当院にも国際化の波が押し寄せてきました。
昨日、アメリカ出身の方二人がネコちゃんを連れて来院されました。英語で話すことなんて日常ないですから
どうしよう・・・って困ってしまいました。
私の心配はよそに
お二人の方は
私のつたない単語をならべただけの言葉でも
笑顔で接してくれて
本当に助かりました。
おまけに発音がいい!どこで習った?とかお世辞まで述べてくれました。

かなり緊張しましたが、ちょっといつもの診察とは違う素敵な時間を過ごさせて頂きました。

また来週いらっしゃるとのこと。
身振り手振りでどうにか乗り切ります!

当院ではペットの輸出入手続きも積極的にお手伝いしているので
外国からのお問い合わせが増えました。
次は英語での問い合わせにも答えられるようにしないといけないですね。
スタッフ一同頑張ります。
f0222527_9251856.jpg

モルモットを見ていたら係りのお姉さんが下さいました。
by soyokaze-ah | 2011-10-23 09:26 | モンちゃん | Trackback

大丈夫かな?


そよかぜでは最近お腹(胃)を開ける手術がたびたびあります。
その中でもやっぱり何かを飲み込んだという例で手術をすることが多いです!
一番新しい手術ではレントゲンに綺麗に飲み込んだ物体がうつっていました。(それは金属だったので白くうつっていました!)

他にもエコー(超音波)でどの様な物を飲み込んだのかも先生達が見ていました。
まず動物達が飲み込まないようにするにはどうしたら良いでしょうか?
①一番は手の届かないところに物を置く

②危険なものを飲み込まないように注意深くみる。

③ものを散らかしたままにしない。

上記のことは皆様も当たり前の事だと感じるかも知れませんがそれが大事なことなのです。
特に散歩時は色々な物が落ちている場所も多いので要注意です。

飼い主様が注意することで未然に防ぐことができるため気をつけましょう!

私もこんな風に書いていますが小さい時にあめ玉をのどに詰まらせてのどが紫色に変色したことがありました(笑)

もちろん小さいお子さんも気を付けましょうね!
by soyokaze-ah | 2011-10-22 00:11 | 池田 | Trackback

ガンダム

みなさんこんばんは、獣医師の渋谷です。

タケノコご飯を作りました。
本を見てそのまま作ったのですが、なかなかおいしく作れました。
たまにはいいですね。

今日はほとんどの人にはまったくわからない話だと思いますが、最近ガンダムの最新作、ガンダムAGEのテレビ放送が始まりました。
イナズマイレブンを作っている人が制作しているので、少しばかり子供向けの印象です。
なので始めは少し抵抗がありました。
またGガンダムみたいな、変わった雰囲気になってしまうのかと・・・。
まだ二話しか放送していないのですが、思ったより良さそうです。
キャラクターやモビルスーツが子供向けなのですが、内容は大人にもOKな感じでした。
親子三代にわたる大河ストーリーになるとか。
ガンダムとしては新しい試みなので、これからも見ていきたいですね。
敵がモンスターみたいなやつなので、思想の対立などが描かれないのかなと心配ではあるのですが・・・。
これから展開は変わっていくかもしれません。
引き続きチェックしていきます!

ちなみに、おっさんになったせいか、当時は受け入れられなかったGガンダムも、今は割とアリになってます。
最近ビデオを見直しているんですが、なかなかいいです。
ガンダムの話はまた出るかもしれませんが、まあ温かく放っておいてくださいね。
by soyokaze-ah | 2011-10-21 01:33 | 渋谷 | Trackback