埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah

カテゴリ:モンちゃん( 339 )

動物園


埼玉県こども自然動物公園をご存知ですか?
http://www.parks.or.jp/sczoo/

なんと、そこには私の大好きなモルモットが何百匹もいるんです。
先日に行ってきましたので、そのご報告です。

そこではモルモットと触れ合える時間が1日に3回もあって
小さな子中心にみんなモルモットを触っていました。
そんな小さな子に混じって、私は
係員のお姉さんに抱っこの仕方を教えていただき
かわいいモル達に囲まれ幸せな時間を過ごしました。

触れ合い時間の最後には
「モルたちの橋渡り」という大イベントが待っていて
とっても可愛いんです。
これは実際を見て確認して下さいね。
f0222527_215165.jpg


f0222527_2163755.jpg

他にもヤギや羊、ブタなど自由に触れ合える広場もあり、
すごく満喫出来ますよ。
ぜひ、一度行って見てください。
そして、モル達と触れ合って来て下さいね。

最後に、たくさんの可愛いモル達と出会えましたが
やはり一番は私のモンだって確信しました!
f0222527_2172337.jpg


金、土、日と院長不在の3日間が終わりました。
お待ちいただいた方ごめんなさい。
院長も研修で大分バテていますが
私も同じように疲れました・・・。
by soyokaze-ah | 2011-06-06 02:20 | モンちゃん | Trackback

歯周病その2

先ほどのスタッフ池田のブログに付随して・・・

今当院のは、歯周病が進んでしまい
ごはんが食べられなくなってしまった猫ちゃんが2頭
同じ症状で入院しています。

この2頭の子は、
ごはんが食べたくても食べられず、
どんどん衰弱していまい、
今鼻から食道にカテーテルを入れて
そこから栄養を摂って頑張っています。

地震の避難生活を送っている方の中には
歯磨きが出来ず歯周病が進み、口内の細菌が元で
肺炎になりなくなる方がいらっしゃるって報道されていますよね。

ペットも同じで
口の病気から死を招くこともあるんです。

早いうちなら日常のケアで対応できることもありますし、
麻酔をかけての歯科処置も可能です。
本来この2頭の猫ちゃんたちも麻酔をかけて処置をしたいのですが
残念ながら麻酔をかけられるだけの体力がありません。

お口の異常に気づいたら早めに教えて下さい。
そして、ケアをしてあげて下さいね。お願い致します。

最近こんな重症患者さんが多いので
病院を出るのが翌日になることが続いています。
新しく入った村上先生は
「こんなはずじゃあ・・・」って思っているのでしょうね。
口には出せないでしょうが・・・。
私達としては
こんな大変な時期に入ってくれて
とっても助かっています。

モンは夜の方が活動的なので私達がいると楽しそうですよ。食糞中です。
f0222527_29649.jpg

by soyokaze-ah | 2011-05-30 02:10 | モンちゃん | Trackback

エキゾチック診療

今日は突然の大雨。
どしゃぶりの中お帰りになった皆様、大丈夫でしたか?
院長は昼間往診で車を運転した際坂道でスリップしたようです。
この大雨が原因なのかわかりませんが、
交通事故で運びこまれた子がいました。
皆さん、気をつけて下さいね。

さて、4月から始まったDr.渋谷によるエキゾチック診療ですが、
かなりの反響をいただいており、
渋谷先生の診療を待っているハムスター、うさぎ、フェレットちゃんの飼い主様が
かなり、増えて来ました。

私は渋谷先生の診療室には入らないので
なかなかわからないのですが、
中に入った看護スタッフによると
「すごく優しい感じでいいですよー」とのこと。

体の大きい彼が
小さなハムちゃんと飼い主様と熱心に向き合い
じっくり診察をしているんだなあと思うと
とっても微笑ましいです。

残念ながら今現在週1の勤務となっておりますが、
それでも
「あの子はどうなった?」など
私の携帯に確認のメールがしばしば入ります。

他院の勤務が忙しいだろうに
きちんとそよかぜの先生として
役目を果たし、いつも患者さんを気遣っています。

本当に渋谷先生を迎え入れて良かったって思っています

大学時代の私の友人ですが
友人時代は彼が小さな動物と向き合うなんて思ってもいませんでした。
どちらかというと、馬とか牛とかのほうが体には合ってますので・・・。
これは言っていいのかわかりませんが、
馬というか競馬にはかなり詳しい先生なんですよ。

はじめは木曜勤務としておりましたが
土曜勤務のほうが
飼い主様のニーズに合うということで
今後も土曜日にDr.渋谷のエキゾチック診療が行われる予定です。

わんちゃん、猫ちゃんの飼い主様も
一度渋谷先生の診療をぜひ、受けて
日頃のお悩みを打ち明けてみて下さい。
優しいのでじっくり聞いてくれますよ。
f0222527_1381292.jpg

新しい木のおもちゃと一緒に撮りました。
by soyokaze-ah | 2011-05-23 01:40 | モンちゃん | Trackback

実習生

当院では診療件数増加に伴い獣医師を募集していまして
何名かの獣医師が交代で実習に来ています。

彼らを見て私も実習していた頃を思い出します。
緊張して、何も出来ず、どうしたらいいのかわからず・・・。
こんな時、とっても嬉しかったのが
優しく話しかけてくれた同僚の先生方でした。
そして、いろいろ教えてくれたのは今の院長先生でした。
でも、すごく厳しかったなぁ・・・・。

私の実体験を踏まえ、こんな病院で働きたいなあって思ってくれるよう
話しかけやすい雰囲気作りを心がけていますが、
彼ら達はどう思うでしょうか・・・。
少しでも多くの獣医師がこの病院で働きたいって言ってくれることを願っています。
ただ、最近は休む暇がほとんどないので
避けられてしまう恐れもありますね・・・。

私達の大切な飼い主様、ペット達を任せることが出来る
獣医師を厳しく選び、
厳しく育てるつもりです!!!!


f0222527_3185933.jpg

by soyokaze-ah | 2011-05-18 03:19 | モンちゃん | Trackback

ハート犬

f0222527_2173797.jpg
ハート犬って前に流行りましたよね。
当院患者様の中にもいます。
キャバリアの男の子。
この子の頭の真ん中には
きれいなハートがあります。

この子は
以前、ホチキスの針を大量に飲み込んでしまい、
お腹を切開したことがあるんです

その時の衝撃的なレントゲン写真を今でも鮮明に覚えています。
f0222527_2203251.jpg


食いしん坊で人好きで、とってもかわいい子。
皆さんもこの子に出会えたら
きっと幸せになれます。

うちの子にもハートがあるっていう方、
ぜひ教えてくださいね!!!

もんの体にハートがあるか探すのですが、ありません。
でも、見ていると幸せな気分になりますよ・・・
by soyokaze-ah | 2011-05-16 02:23 | モンちゃん | Trackback

ビーフジャーキー

ゴールデンウイーク中に海外旅行に行かれたリッチな方もいるんではないでしょうか
今日は海外から帰ってきた場合のお土産について
ちょっとした豆知識をお教えします。

アメリカ本土やハワイ・グアムの海外土産の定番と言えば
チョコですが昔はビーフジャーキーでしたよね。
今は、狂牛病の問題からアメリカから日本への牛製品の輸入がストップされています
もし、ジャーキーを買って来てしまった場合どうしたらいいか
ご存知ですか???

食べてしまえばいいのでしょうか? 
わからないように捨てればいいのでしょうか?

答えはNoです。

正解は
「ジャーキーを動物検疫カウンターまで持っていく」です。

動物検疫カウンターなんて見たことないという方、
今度海外旅行から帰ってきたら
荷物を受け取った後、
税関検査を受ける前に
カウンターを探してみて下さいね。

日本の法律で
肉製品(牛・馬・豚・ヤギ・羊・鶏)を
海外から持ち込みたい場合
個人でも必ず検査を受けることが必要
なんです。
検査って言っても
肉を触るとかではなく
商品パッケージに必要な証明が記載されているかチェックするだけです。

今は一部の国を除き肉製品の持ち込みは厳しくなっています。

ヨーロッパのソーセージなんかもダメです。
もちろんアメリカのビーフジャーキーも。

検査に合格しなければどうなるか?
→没収です。

「知らなかった。」[購入した店では持ち込めると言ってた」「旅行会社から説明を受けていない」
こんな事を言っても法律違反なので無理です。
日本の動物・人に海外から病気を蔓延させないために
行っている事なのでご理解をお願いします。

動物病院獣医師は
主に犬・猫ちゃんたちの病気をみて、それを仕事としています。
しかし獣医師として、公衆衛生業務も大事な業務の一つです。
犬猫の病気のことだけでなく
広い観点から
様々な動物衛生情報などを発信していくことが大事だと思っています。


ぜひ、海外旅行に行く前に見て下さい。
http://www.maff.go.jp/aqs/tetuzuki/product/aq2.html


f0222527_16535671.jpg

by soyokaze-ah | 2011-05-10 17:00 | モンちゃん | Trackback
こんばんは。

昨日の鈴木さんのブログの話の続きですが
なんと
月や火星を持っている人は
院内にまだいました。
それもプレゼントだそうですよ。
昔流行っていたとのことですが
皆さんはご存知ですか??

それでは本題に。

このランキングはなんだと思います??

1 人や犬のおもちゃ
2 軍手・靴下
3 文房具
4 人の食べ物色々




答えは
わんちゃんが誤飲して当院で処置を行ったランキングです。

どなたでも一度は必ずヒヤッとした思いがあるのではないでしょうか。

1について
小さなお子様がいる環境では注意しても注意しきれないこともありますよね。
わんちゃんにおもちゃを選んであげる場合は
「可愛らしいものは避け、シンプルにする」ということを頭に入れて下さい。
ぬいぐるみの目や耳など、噛んで取れそうなものは最初からとっておくとか
注意してあげましょう。

2について
軍手は大型犬に多く、最近処置が続きました。
あるわんちゃんは軍手を食べては吐き
その嘔吐物を取ろうとすると怒って
また食べるんだということで、
その飼い主様は困っていらっしゃいました。
わんちゃんは飼い主様のニオイが好きなんでしょうか。
脱ぎ捨てた靴下やストッキングが大好きみたいです。

3について
落ちていた画びょうや
なんとホチキスの芯を大量に飲んだ子もいます・・・。

4について
バレンタインの時期はチョコレート
クリスマスや鍋物が美味しい時期は鳥の骨
を誰かが食べて駆け込んで来ます。
あとは、たまねぎ、ねぎ、アルコールでしょうか。

わんちゃんは
一度飲み込んで処置をされ、痛い思いや苦しい思いをしたとしても
またすぐ飲み込む・・・を繰り返します。
”食い意地”に処方する薬はないので・・・。

もし、有害なもの、詰まりそうなものを食べてしまったということが
判明した場合には
すぐに連絡してください。
処置を直ぐに行う必要があるか

1いつ? 
2何を?
3どのくらい? どんな大きさか?
4今の様子は?
によって判断していきます。

ゴールデンウイーク中にわんちゃんと公園で遊んだり
バーベキューなどする場合必ずご注意を。
見ていないところで何かを食べているかもしれません。
わんちゃんを守れるのは飼い主様だけです!!!
f0222527_0495777.jpg
by soyokaze-ah | 2011-05-04 00:56 | モンちゃん | Trackback

嬉しかったこと

今日も地震がありましたね。昨日は竜巻が発生したり・・・。
私の実家は柏にあるのですが
私の親も竜巻が相当怖かったそうです。
最近、予想もつかないことが多く本当に怖いですね。
皆さんお互い助け合いましょう。

私も毎日素敵なペットとその飼い主様元気をもらったりして助けられています。
最近、嬉しかったことはあるわんちゃんとその飼い主様3年ぶりに会えたことです。
その方は海外転勤で3年前にわんちゃんと海外に渡り
先日日本に一緒に帰ってきて、病院に来てくださいました

以前とまったく変わっていない様子にホットしてしまいました。
前にいた病院で診察していた子なのですが、海外からも頻繁に様子を教えてくださっていました。
わんちゃんの様子、海外でのわんちゃん事情、そのほか色々・・・。
こういうお付き合いができるって本当に嬉しいです。
これからもよろしくお願いしますね。

当院では他院では掲げられていない
ペットとの海外渡航手続き部門を立ち上げています。
最近ではその海外渡航に関して
かなり多くの方からご連絡をいただいております。
ちょっと特殊な分野ですが
知識と経験を生かし今後とも皆様のお役に立つよう頑張っていきます。

実は私は海外渡航に関する仕事に公務員として携っていたことがあるので
この特殊分野を立ち上げています。
もしものときはお気軽にご相談くださいね。

写真はモルモット好きのキャバリアちゃんがモンを見つめているところです。
モンも犬を怖がらなくなってきましたよ。
f0222527_1402084.jpg

by soyokaze-ah | 2011-04-27 01:46 | モンちゃん | Trackback

皮膚病????

当番制ブログになり、
順調にみんなブログを書いております。
今日は松本に変わり、モルモットのモンが担当者です。
宜しく御願いします。

最近、院長は皮膚病を得意としているので
他院で治らなかった皮膚病の患者さんが多数来院されます。
その中でよくあるのが
皮膚病なのに実は皮膚以外に問題があった!という症例です。その中でも特に多いのが
ホルモン疾患であるクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)です。

この病気は次のような症状を示します。

多く水を飲み、尿を多量にする
腹部が膨満する(ただ太っているわけではない!)
脱毛し皮膚が薄くなる

この病気は特徴的な体つき、皮膚病変を示すので
このようなワンちゃんが来たら
クッシングを疑い、ホルモン検査等を行って診断していきます。

なかなか治らない皮膚病は
別の病気が隠されている場合がよくあります。
その元の病気を治さないと
皮膚病は悪化してしまうのです・・・・。

そしてこの病気を発見し治療をすると意外と早く効果がでて
飼い主様達は大変喜ばれます!

皮膚科特別診療の一例でした。

追加)
最近診察中にお子様たちが
よく遊びに来てくれて、なでてくれてエサまでくれます。
有難うございます。間違えて噛んでしまうかもしれないから注意してね。
f0222527_23583410.jpg
by soyokaze-ah | 2011-04-20 00:03 | モンちゃん | Trackback