埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah

カテゴリ:モンちゃん( 347 )

海を越えて・・・

今日嬉しいお便りをいただきました。

先日上海にわんちゃんと行かれた方から
「元気に係留も無事すんで元気です!」 とのこと


新幹線の事故等、あまり良くない出来事が多い地域なので
実はとっても心配でした。

上海では日本から犬を連れて行くと
”係留”といって
一定期間中国の施設に犬を預ける義務があります。
何事もなければ・・・って
飼い主様共々思っていました。

日本と違って
犬に対する考え方も違うでしょうし、
心配なことは多々ありますが
元気に過ごしていってくれたら嬉しいなって思います。
そしていつしかまた可愛い姿を見せに日本に戻って来てくれることを祈っています。


ペットの海外渡航に関しては
飼い主様はもちろん、
実は私達獣医師側も
かなり気を張り詰めて対応しています。

国と国とのやりとりですから
何か不備があれば
どうなるかわからないですし・・・。

時には
現地の検疫情報を得るために
片言の英語を使ってアタフタしたり・・・。

ですので、
今日の飼い主様のような連絡があるとほっとします。
「ありがとうございました!元気で過ごしてね!!!」

f0222527_23594094.jpg

by soyokaze-ah | 2011-08-14 00:05 | モンちゃん | Trackback

誕生日会

ブログを毎回見てくださっている方はご存知のように
今日は獣医師 渋谷の34回目の誕生日!ということで、
昼休みにケーキでスタッフみんなでお祝いをしました。
本当はビールで乾杯したかったでしょうけど。
f0222527_0342446.jpg

渋谷先生と私は大学の同級生なので
初めて出会ったのは10代の時。
それからもうこんなに経つんだと考えると
ちょっとへこみますね・・・。

大学時代はお互い同じ職場で働くなんてこと考えていなかったので
今不思議な感じです。
相変わらず、少年っぽさは残っていますが、
頼れる獣医師の彼から多くのことを学んでいます。

他の病院で修行を重ねた経験を聞けるし、
本当に貴重な存在です。

年を重ねさらにパワーアップした渋谷先生と共に
今後とも宜しくお願いします。
f0222527_0352662.jpg

by soyokaze-ah | 2011-08-07 00:35 | モンちゃん | Trackback

またまた・・・

先日またモルモット広場に行って来てしまいました。
H嬢にはまた行ってきたの?って言われてしまいましたが。

今回は
夏休みということもあり、たくさんの人たち(特に子供たち)で大賑わいでした。

子供たちは大喜びで
皆、ウサギとモルモットを触っていました。

ですが・・・・
問題が!!!!

モルモットが足から血を流しているのです
わきからうさぎを投げ入れる子もいたり、
みんな怯えていました。

きっと投げられて角にぶつかったりしたのでしょう。
モルモット好きの私としては
かなりの怒りモードでした。

情操教育として子供たちに動物を触らせることはとってもいいことです。
しかし、きちんと生き物であることを分からせて
大人が接し方を教えて一緒にいてあげないといけませんよね。

特にウサギは骨の構造上骨折しやすい動物なので
あんな接し方だったら絶対怪我します。
ウサギの診察時は、骨折させないよう
十分注意をして行っています。診察台から飛び降りただけで
骨折する例もありますから。

モルモット可愛いなあという幸せにひたるだけでなく
こんな怒りを覚えた一日でした。

足から血を出した子は
係員さんにお伝えして治してあげてって言いました。
治ってくれるといいなあ・・。


f0222527_16463597.jpg

by soyokaze-ah | 2011-08-01 16:42 | モンちゃん | Trackback

出国ラッシュ

夏休みですね。
当院の方で、海外転勤等でわんちゃんたちと出国される方たちが
今年の夏は4組ほどいます
今、そのわんちゃんたちの出国プラス入国手続きの真っ最中なんです。

ペットたちも人と同様、場合によってはそれ以上、諸外国と日本との間で
厳しい出入国協定が結ばれており、
それに基づき準備する必要があります。

海外転勤となった場合
働くだんな様が先に外国に行き
奥様は飼っているペットの手続きを済ませてから
後で海外に行くというパターンが多いです。

奥様とわんちゃんが残され
不安になりながら、ご自分の引越し手続き等やることがたくさんで大変そうです。

なので、少しでも負担、不安が減るように
わんちゃんのことは任せてもらい、
当院で手続きのためのスケジュールを決めて
あとは来院していただければ平気になるようにしています。

ホームページ上に
海外渡航ページを作ってから
全国からお問い合わせがあります。

実際手続きのため都内からいらしている方もいます。

皆様のご期待に沿えるよう
万全の体制で臨んでいます。

海外に無事ついたよーっていう便りが一番うれしいです。
出国される皆さん、後もう少しですから、頑張って行きましょう!

f0222527_0123324.jpg

by soyokaze-ah | 2011-07-24 00:15 | モンちゃん | Trackback

嬉しいこと

今日は、とっても嬉しいことがありました。

病気で猫ちゃんを若くして亡くした方が
新しく猫ちゃんを飼って来院して下さったのです。

病気でペットを亡くされた場合、
飼い主様が悔いを残されなかったのだろうか、
自分がきちんと飼い主様、ペットと向き合えたのか、
自分の行ったことは正しかったのか、飼い主さんにどう映っていたのか・・・
いつも、どうだったのだろうか?と悩みます。

今日のような方がいらっしゃると
本当に励みになり、元気づけられ、また頑張ろうという気になります。

そして、今度こそは!と
色んな角度から診て、お話しして、情報をお伝えして・・・・・と
私も一段と診察に身が入ります。

動物病院にいると、
嬉しいことも悲しいことも本当に毎日色々あります。

当たり前のことですが、
その1つ1つを大事に
日々精進することが欠かせないんだと改めて痛感しました。

今日の飼い主様、猫ちゃんに感謝して
これからも頑張ります!!!
暑い暑いと言ってはいられませんね。

f0222527_23563468.jpg

モンは最近暑さからか
お気に入りの新聞紙のトンネルから外に出て
短い手足を伸ばして寝てます。
食欲は異常にあります。
by soyokaze-ah | 2011-07-10 23:58 | モンちゃん | Trackback

夏のお散歩の注意事項

もうすぐ夏休みですね。
昔は朝はラジオ体操をするため
眠いのに早起きして
学校のグランドに行かなければいけない・・・
というのが夏休みの1日の始まりでした。
私は朝は苦手で、運動も嫌いでしたのでさぼり気味でしたけどね。
今はそういうのはないんですよね。あれっていつまであったんでしょうか・・・。

もしかしたら、暑くなる前に早起きして
わんちゃんのお散歩に行く!
っていうのが日課となるお子さんもいるかもしれませんね。

しかし、その前にちょっと待って欲しいのです。

お子さんとわんちゃんだけの散歩って危険がいっぱいなんです。

病院に「車や自転車にひかれた―」と言って
血だらけの瀕死のわんちゃんを連れてくる
顔面真っ青の飼い主様が年に数人いらっしゃいます


話を聞くと
まず「子供が連れていて・・・ひかれた・・・」と言うのです。

1 突然首輪や胴輪がはずれた

2 リードを放してしまった

3 友達と会ってよそ見していてひかれた
こんなことがよくあります。
交通事故ではありませんが、
友達のわんちゃんに遭遇して
そのわんちゃんに襲われたというケースもあります。

こんなことがあると、
お子さんは大好きなわんちゃんにケガを負わせてしまったということで
心に大きな傷を負うでしょう。
 
また、逃げたわんちゃんを追いかけて自分も事故に遭遇するかもしれません。

やむを得ずお子さんだけを散歩に行かせる場合、
逃亡防止のため

1 首輪や胴輪がゆるんでいないか確認

2 はずれた時のために首輪と胴輪を両方つける
以上の2つを守って
十分注意してあげて下さいね。

それでは、楽しい夏休みをお迎え下さい。
そよかぜには例年通り夏休みはありません・・・・。
f0222527_331323.jpg

この子はお散歩のときに困ったことが・・・・
ずっと匂いを嗅いでなんでもお口に入れてしまうんです。
ずっとえさ、えさ、えさって探しているんでしょうね。
こんなわんちゃんいますよね。この子はエサがあるとなんでも言うことを聞いてくれるので
お泊りの時に私が芸を教えました。来院する度その芸を披露してくれます!!!
by soyokaze-ah | 2011-07-03 03:38 | モンちゃん | Trackback

夜間手術

最近、ここ数日は診察終了後に手術が続いていました。
今日は久々に診察が無事終了し平和に終わりました。

ここ数日夜間に行った手術とは・・・
①ウサギの創傷整復:傷を負った子が来院し皮膚壊死が始まっていたので緊急手術となりました。
②猫の乳腺腫瘍摘出:実は明日も夜間に手術があります。
③犬の消化管内異物除去:石を丸飲みしてしまった子が腹部疼痛を訴え、嘔吐が激しかったため手術を行いました。


①についてですが、
ウサギの皮膚はとっても薄く、簡単に傷を負いやすく、
小さな傷であっても全身状態が悪くなることがあり、手術対象となることがよくあります。

②ついては
初回発情前に不妊手術を行えば100%に近い確率で防げる病気です。
発情4回目以降に手術を行っても発生率は減りませんので
早目に手術を考えましょう。

③については身に覚えのあるわんちゃん、たくさんいますよね・・・。

今日は早く帰れたので
早めに寝ようと思います。おやすみなさい。

診察室にあるカレンダーをチェックされている方いらしゃいますか?
二つの診察室にはそれぞれ異なる種類の
モルモットカレンダーが置いてあります。
今日来院された方が
「今月のカレンダーはもんちゃんですか??」と言って下さいました。
とっても嬉しかったです。
今度モデルデビューさせるつもりです。
f0222527_221182.jpg

by soyokaze-ah | 2011-06-27 02:03 | モンちゃん | Trackback

青空診療

先日、多頭飼育されているお宅に伺い、
お庭で検査・診療を行いました。
これは私にとっての春の大イベントで
この飼い主様と出会ってから毎年行っています。

今年は、トリマー池田が一緒に行きたいと立候補してくれたので
一緒におじゃまして青空のもと診療をしました。

そのお家には
1kgの小型犬から60kgの大型犬まで
何頭もいます。
検査をしていると他のわんちゃんが飛び乗ってきたりして
大変なのですが、わんちゃんたちに囲まれて本当に楽しい時間が過ごせるんです。

多頭飼育っていうと
けんかしないのか、ごはんの時間はどうするのか、予防接種とか大変だろうなあって
思いますよね。

けれど、
その飼育者の方は
人より手がかからないし、全然苦じゃないのよーっておっしゃって
きちんと管理されています。
たまに、
○○が△△に踏まれちゃったーって電話がかかってきますけどね。

皆、人が大好きでいい子ばかり。
飼い主様がしっかりされていることや
ワンちゃん同士のコミュニケーションがうまくいっているからでしょうね。

仕事で疲れたら
またこのお宅におじゃまして
ワンちゃんたちに遊んでもらおうって思います。

一緒に行った池田は
何頭ものわんちゃんを相手に格闘していましたので
かなり疲れ果て
泥だらけになっていました。
次も一緒に行ってくれるかなあ・・・・。頼りにしてます!!!!

f0222527_0111136.jpg

f0222527_0182167.jpg

モルモット仲間の看護師リーダーに家をもらいました。
新聞紙の家だと可愛そうだと思っていたんでしょうね。
気に入って、一度入るとなかなか出てきません。
by soyokaze-ah | 2011-06-20 00:18 | モンちゃん | Trackback

動物園


埼玉県こども自然動物公園をご存知ですか?
http://www.parks.or.jp/sczoo/

なんと、そこには私の大好きなモルモットが何百匹もいるんです。
先日に行ってきましたので、そのご報告です。

そこではモルモットと触れ合える時間が1日に3回もあって
小さな子中心にみんなモルモットを触っていました。
そんな小さな子に混じって、私は
係員のお姉さんに抱っこの仕方を教えていただき
かわいいモル達に囲まれ幸せな時間を過ごしました。

触れ合い時間の最後には
「モルたちの橋渡り」という大イベントが待っていて
とっても可愛いんです。
これは実際を見て確認して下さいね。
f0222527_215165.jpg


f0222527_2163755.jpg

他にもヤギや羊、ブタなど自由に触れ合える広場もあり、
すごく満喫出来ますよ。
ぜひ、一度行って見てください。
そして、モル達と触れ合って来て下さいね。

最後に、たくさんの可愛いモル達と出会えましたが
やはり一番は私のモンだって確信しました!
f0222527_2172337.jpg


金、土、日と院長不在の3日間が終わりました。
お待ちいただいた方ごめんなさい。
院長も研修で大分バテていますが
私も同じように疲れました・・・。
by soyokaze-ah | 2011-06-06 02:20 | モンちゃん | Trackback

歯周病その2

先ほどのスタッフ池田のブログに付随して・・・

今当院のは、歯周病が進んでしまい
ごはんが食べられなくなってしまった猫ちゃんが2頭
同じ症状で入院しています。

この2頭の子は、
ごはんが食べたくても食べられず、
どんどん衰弱していまい、
今鼻から食道にカテーテルを入れて
そこから栄養を摂って頑張っています。

地震の避難生活を送っている方の中には
歯磨きが出来ず歯周病が進み、口内の細菌が元で
肺炎になりなくなる方がいらっしゃるって報道されていますよね。

ペットも同じで
口の病気から死を招くこともあるんです。

早いうちなら日常のケアで対応できることもありますし、
麻酔をかけての歯科処置も可能です。
本来この2頭の猫ちゃんたちも麻酔をかけて処置をしたいのですが
残念ながら麻酔をかけられるだけの体力がありません。

お口の異常に気づいたら早めに教えて下さい。
そして、ケアをしてあげて下さいね。お願い致します。

最近こんな重症患者さんが多いので
病院を出るのが翌日になることが続いています。
新しく入った村上先生は
「こんなはずじゃあ・・・」って思っているのでしょうね。
口には出せないでしょうが・・・。
私達としては
こんな大変な時期に入ってくれて
とっても助かっています。

モンは夜の方が活動的なので私達がいると楽しそうですよ。食糞中です。
f0222527_29649.jpg

by soyokaze-ah | 2011-05-30 02:10 | モンちゃん | Trackback