埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah

カテゴリ:江口( 38 )

そんな場合は、注射薬という選択肢!

病院で一回注射すると12ヶ月も効果が持続します

ラクチンです!

例えば、春に病院が混むのが嫌だから
いつもの4~5月ではなくて
空いてる冬に病院へ来て注射するというパターンも出来ます!

どうぞご検討下さい(^^)
by soyokaze-ah | 2017-05-06 00:15 | 江口 | Trackback

骨折の手術

こんにちは、獣医師の獣医師の江口です!

先日、まだ子犬のトイプーちゃんが前肢を骨折してしまったので手術をしました

術前のレントゲンがこちら
f0222527_00302180.jpg

f0222527_00302600.jpg


このように前腕は橈骨(太い骨)と尺骨(細い骨)の二本の骨でできています

今回は手首の関節寄りの位置に骨折がみられます

骨折の手術法にはいくつかあり、折れ方や場所などによって選択します

今回はプレート法を実施しました

重要なことは、骨折はただがっちり固定すればよいものではないということ

何故なら、プレートと骨が密着し過ぎると患部を修復するために必要な血流が遮断されてしまうために治癒しないからです

そのため最近のプレートは血流が阻害されないように工夫されています

術後の写真がこちら
f0222527_00302648.jpg

橈骨のしなりに対して適度にプレートを曲げて固定しました

尺骨は位置を整えればあとはそのままくっつきます

さて手術後は適度な固定と適度なリハビリです

固定ばかりでは体がサボってしまい筋肉や骨の回復が遅れてしまいます

こういうところが人と違って難しいですね!

今はもう足を着いていて経過は順調です
f0222527_00303785.jpg


頑張って早く治しましょうね~

以上、骨折についてでした
by soyokaze-ah | 2017-03-22 00:01 | 江口 | Trackback

今年も頑張ります!

明けましておめでとうございます
獣医師の江口です

昨年、一昨年の正月はともに食中毒にかかってましたが、今年は大丈夫みたいです!

そんな私の今年の抱負は、
さらに向上心をもつ
です

医療は一生勉強です
特に獣医師は医師と違って全科を網羅するジェネラリストでなければなりません
また、今常識とされている事が来年には変わっている事もあります

広く学んで、そしてアップデート

なかなか難しい事ですが
日々コツコツと努力して

少しでも多くの動物の命と健康を守り
飼い主様に喜んで頂けるように努力して参りたいと思います

少々カタイ文章にはなりましたが(笑)
今年もどうぞよろしくいたします
by soyokaze-ah | 2017-01-04 23:58 | 江口 | Trackback

誕生日

こんにちは、獣医師の江口です!

実は17日は私の誕生日でした

その日は南与野院勤務でしたが

北与野院からこんな写真が届きました



f0222527_23194806.jpg


f0222527_23195315.jpg









遺影かな?




命日みたいになってますが本人生きてますよ



もちろんケーキも食べてないです




名前入り誕生日ケーキを本人食べれないって新しいですね




しかもしっかり自分の好きなチョコ味で


by soyokaze-ah | 2016-09-23 23:13 | 江口 | Trackback

夏の終わり

こんにちは、獣医師の江口です

なんか、もう夏終わりますね

毎年夏って過ぎるの早いなと思います

今年、夏らしいことなにひとつしていません

海も山も祭も花火もイベントも行ってません

正直落ち込みます(笑)

何かしたいという思いはあるんですが

計画性と行動力が無いので...

せめて室内だけでも夏らしく!ということで

インテリアは夏仕様に

f0222527_01085860.jpg

f0222527_01085927.jpg


夏過ぎたらインテリアどうしよう(困惑)

寂しいな(笑)

ただ、夏の終わりの寂しさってなんだか好きなんですよね

日が短くなって
少し夕方が肌寒くなって
鳴く虫の種類が変わって

井上陽水さんの少年時代が似合いますね


あ、ちなみに秋は

秋服って何着ればいいんだっけ?思ってるうちにすぐ冬がきて結局全然着こなせない印象しかないです


by soyokaze-ah | 2016-08-25 00:57 | 江口 | Trackback

焼肉

こんにちは、獣医師の江口です!

この前、院長から焼肉でも食べに行ってきなーと、おこづかいをもらって
飯塚先生、玉山先生と僕の3人でちょっと高級めの焼肉屋さんに行って来ました!

f0222527_23112879.jpg


f0222527_23112944.jpg


普段注文しないようなお高めなお肉も食べちゃったりしてとても美味しかったです!

ただ、
僕たちも年をとったのか

後日、全員胃もたれと下痢に、、、

それともいいお肉は僕たちの体に合わないんでしょうか(;´д`)
by soyokaze-ah | 2016-07-21 23:04 | 江口 | Trackback

新しい腎臓の血液検査

こんにちは、獣医師の江口です!

最近、新しい腎臓の血液検査が行われるようになったのでご紹介します

特に中高齢の猫ちゃんに問題となる慢性腎臓病という病気は、うまくおしっこを作れなくなる病気です

おしっこの役割は
1.ミネラルバランスや水分量を調節する
2.体内の老廃物を排泄する

なので腎臓病は、水分を失い、ミネラルバランスが崩れ、排泄物が体内に蓄積することで

元気食欲低下、体重減少、尿量増加
飲水量増加、嘔吐下痢などの症状が出ます

壊れた腎臓は戻りません
進行のスピードを抑えることしかできません

つまり、早期発見が重要なんです!

しかし、残念ながら今までの腎臓の血液検査項目であるBUNとクレアチニンは
1.腎臓がおよそ75%以上壊れないと異常値を示さない
2.腎臓以外の要因に影響される
という問題がありました

そこで、腎臓病の早期発見のために開発されたのがSDMAという項目です

SDMAは、
1.腎臓の異常を早期にとらえられる
2.腎臓以外の要因に影響されない
3.検査費用がお手頃
という特徴があります

したがって、中高齢の猫ちゃんの健康診断の項目にぴったりです

今、腎臓病の症状がなくても、それはまだ腎臓が我慢して悲鳴を挙げていないだけかもしれません

中高齢の猫ちゃんを飼われていらっしゃる飼い主様方
健康診断として新しい腎臓チェックオススメです
by soyokaze-ah | 2016-07-05 23:46 | 江口 | Trackback

毛について

こんにちは、獣医師の江口です

毛について最近ブログが書かれているので乗っかってみます

今日紹介するのは毛が無い猫のスフィンクスです

f0222527_22193478.jpg


f0222527_22193532.jpg


この子は子猫です!

私はとてもかわいいと思うんですがいかがですか?

お値段的には50万円以上はするみたいですよ!
by soyokaze-ah | 2016-05-31 22:13 | 江口 | Trackback
こんにちは、獣医師の江口です

今回はアトピー性皮膚炎のワンちゃんに朗報があります!

実は、新しい薬が出るんです!
f0222527_23330318.jpg


今までアトピー性皮膚炎の治療と言えばステロイド薬でした

ステロイドは安くて即効性も効果もあるのですが

強い副作用のせいで長期使用には向きませんでした

そこで長期使用の際はステロイドの量を減らす目的でシクロスポリンという薬を併用するスタイルが主流でした

ただこのシクロスポリンは高いし即効性はないしカプセルで投与しにくいという問題がありました

しかし、今回アポキル錠という新しい薬は、
ステロイドと同等の即効性と効果を持ちながら

副作用はほとんどなく

そこまで高価ではなく

与えやすい錠剤タイプなんです!

まさにステロイドとシクロスポリンのいいとこ取りのような薬なんです!

この薬の登場でこれからのアトピー性皮膚炎の治療がこの薬にシフトしていくことでしょう

もちろん薬だけでなくシャンプーや保湿、適切なフードの選択もお忘れなく!

この薬、6月頃を目処に入荷する予定です

気になった方はスタッフまでお問い合わせください!
by soyokaze-ah | 2016-05-21 23:20 | 江口 | Trackback

エコー検査

こんにちは、獣医師の江口です

皆様、エコー検査ってご存知ですか?

エコー検査とは超音波を使って体の中を調べる画像検査です

同じ画像検査にレントゲン検査があります

レントゲンでは体の中の構造や位置を大まかに見ることができます

全体的な位置関係や骨折、臓器の大きさ、気管や肺の状態などはレントゲン検査が特に有効です

しかし、内蔵同士が重なっていると評価が難しいですし
内蔵の内部構造までは分かりません

さらに、静止画なので心臓や腸などの運動性は分かりません

また異物を食べてしまった場合でも金属や骨などは写りますが布やプラスチックなどはレントゲンに写りません

しかし、エコー検査では
内蔵の動きや内部構造がリアルタイムで見ることができますし
レントゲンに写らない異物の検出も可能です

さらに、血流の測定も可能です

さて、このエコー検査の方法は、
超音波発生する機械を動物の体に当てながら画面を見ます

ヒト医療ではよく妊婦さんのお腹にエコーを当てて赤ちゃんをみることがあると思いますがアレです

麻酔も必要無いですし、超音波自体は体に負担ありませんのでご安心下さい

ただ難点としては検査にお時間がかかりますので検査希望の方は予約が必要となります

ちょうど今年に当院のエコーの装置が最新のものになりましたので検査をオススメしています

詳しくは病院スタッフにお尋ねください
by soyokaze-ah | 2016-05-11 23:19 | 江口 | Trackback