埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah

カテゴリ:飯塚( 51 )

獣医師の飯塚です。
花粉症の時期ですね008.gif鼻が詰まって仕方ないです…。

もうすぐ4月になりますが、昨年度から振り返ってみるとどうも腫瘍と確定される患者さんが増えています。
詳しい健康診断を受けるわんちゃんネコちゃんが増え、偶発的に発見できる事も増えたからかも知れませんが、それにしても多くなったような…。

悪性腫瘍(いわゆるがん)が見つかるパターンは色々ですが、体表の腫瘤を飼い主様がみつけて調べてみたら…、というパターンも多いですが、厄介なのは体の中、胸腔や腹腔内に出来るタイプのがんですよね。。
このタイプは症状が出てから見つかる事も多く、発見が遅れる事が多いです。

では早期発見にはどうしたらいいかと言うとこれも中々難しいです。
何故なら健康診断の触診や血液検査などでは異常が検出出来ないことも多々あるからです。

たまに、人医療のような血液や尿検査で腫瘍を予測出来ないのか、いわゆる腫瘍マーカーは無いのか?と言ったことを聞かれることがあります。

獣医療においては腫瘍マーカーは研究はされているものの利用出来るものがかなり限られ、現段階ではあまり当てにすることが難しいのが現状です。

このあたりの話を始めると長くなってしまうので次回にまわすとして、

結局のところ自分としては腫瘍を含めた病気の早期発見の為にお勧めするとしたら、「超音波検査を含めた」健康診断を年に1回は行うのが良いと思っています。
f0222527_03213164.jpg



なんて偉そうな事言ってますが早く自分自身の健康診断受けに行かないとだなあと思う今日この頃です。
by soyokaze-ah | 2017-03-18 07:02 | 飯塚 | Trackback

年末ですね

獣医師の飯塚です。
クリスマスも終わって今年もいよいよ終わりが近づいて来ましたね001.gif

本当に一年はあっという間ですね。病院の猫ちゃんの成長を見ていてもしみじみ思います005.gif
f0222527_14533412.jpg


f0222527_14533575.jpg

f0222527_14533657.jpg

f0222527_14533699.jpg

f0222527_14533720.jpg

ちょっと最近は太り気味なので2人ともダイエット中です。

通常診療は12月28日までですが、病院自体は特別診療として年末年始も午前は診療していますので、緊急の場合はご連絡下さい!
by soyokaze-ah | 2016-12-28 02:06 | 飯塚 | Trackback

おしっこが出ない?

最近おしっこの様子がおかしいとの理由で来院されるわんちゃんネコちゃんが多くなってきました009.gif

その中でも今回は『おしっこが出ない』という時のお話です。

おしっこが出ない時の症状は、何度もトイレに行く、おしっこの構えをしている時間長くなるなどがあります。

ただしこの症状が出ている子全てが本当におしっこが出ていないかと言えばそうでも無く、例えば膀胱炎の時などは残尿感からおしっこがたまっていないのに何度もトイレ行くなどの症状が出る事があります。

それでは本当におしっこが詰まっていた場合です008.gif

原因は様々なんですが、多いのは尿道結石や猫の尿道栓子による尿道閉塞です。

尿道閉塞に関していくつか覚えておくと良い事としては、
・オスに圧倒的に多い
・24時間以上完全閉塞が続くと全身症状(食欲不振や元気消失、嘔吐など)が出る
事が多い
・閉塞が続くと腎不全から死に至る

などでしょうか。

治療は速やかに閉塞を解除すると共にその閉塞を起こした原因の除去になります。

尿道閉塞は発見が早ければ全身的な影響が出る前に治療ができる反面、発見が遅れれば急性腎不全など致死的な影響を引き起こす怖い病気でもあります002.gif

何かおしっこの様子がおかしいな?と思ったら注意してみてあげて、初期の症状を見逃さない事が大事です!
f0222527_14262260.jpg


by soyokaze-ah | 2016-10-21 14:19 | 飯塚 | Trackback
こんにちは!
雨ばかりの日々が続きますね。。
といっても自分は外出する日以外は雨の日も結構好きですが003.gif

結構間が空いてしまいましたが、前々回くらいに『ショック』の病態について書きましたので、その続きです。

ショックは全身への血液供給が上手くいかなくなり多臓器不全なる病態(例えば大量出血で血液が極端に不足した時)でしたが、アナフィラキシーショックとはどういったものでしょうか?

これはいわゆるアレルギー反応によって起こります。

原因は昆虫刺傷、薬剤、ワクチンなどがあります。

アレルギー反応によって、
・血管透過性亢進(血管から血液成分が漏れ出してしまう)
・血管拡張(血管が拡張してしまうと、血管の中の血液量が変わらなくても「相対的に」血液量が減ったようになってしまいますよね)

などが起こる為、大量出血などしていなくても低血圧になり『ショック』状態となってしまうわけです。


以上2回に分けてショックの病態について書かせて頂きました005.gif

一度は聞いたことがある(と思います)『ショック』の病態とはこんな感じなんだとイメージしやすくなってもらえれば幸いです001.gif


f0222527_00342892.jpg




by soyokaze-ah | 2016-09-26 20:53 | 飯塚 | Trackback

幽霊電車

こんにちは!
先日のお盆にお休みを頂いて実家に帰りました。

その時に以前ブログでも書いた仔猫の駅長さんのいる駅によってみました。
そこでちょっと恐いものを見ました002.gif

f0222527_09271087.jpg


写真の乗務員室のところに注目ですね。
何か人影が見えますよね…。



何かと思ったのですが、実はこれ今銚子電鉄で特別企画としてやっているお化け列車だったみたいです。

f0222527_09271191.jpg


知っていれば何てことないですが、知らずに見るとドキッとしますね。

夜中に見ると相当恐いです(笑)

ちなみに駅長の仔猫は駅員さんに貰われていったらしく、今はもう駅にはいませんでした026.gif
by soyokaze-ah | 2016-08-23 09:13 | 飯塚 | Trackback

「ショック」って何??

こんにちは!
暑い日が続きますね。。

最近救急で運ばれる子が多い気がします。今回はよく救急の場で効く「ショック」について書こうと思います005.gif

「ショックを起こした」とか「アナフィラキシーショック」などショックという言葉自体はテレビでも本でも聞いたことはあると思いますが、実際ショックとはどんな病態を指すのでしょうか?
f0222527_00364960.jpg


ショックとは「急激な全身性循環不全の為臓器を構成する細胞機能が障害された結果生じる症状や徴候の総称」とされています。。

…!?(・_・;

分かりづらいですよね‥。

簡単に言えば、
「何かの原因で急激に、上手く血液が全身を回らなくなってしまい多臓器が酸素不足の状態になってしまう」イメージでしょうか。。(分かりづらかったらすみません…008.gif

血液というのは身体中の臓器に酸素を運んでいます。

例えば大量出血などはいきなり体の血液を失うので、全身に血液が行き渡らなくなり→全身の臓器が酸素を十分にもらえず→多臓器の機能障害と進むのはイメージしやすいのでは無いでしょうか?

これがショックです。

ただしショックと言っても原因が様々ある所がややこしいんです009.gif

たとえば蜂などに刺されて起こるアナフィラキシーショックはよく効くと思いますし、これもショックのひとつです。

でも蜂に刺されても別に大量出血するわけでもないし体の血液量は変わらないのになんでショックを起こしてしまうんでしょうか?

次回以降はこのあたりについて書いていきたいと思います(あんまり長いと読みづらいですよね…)。
by soyokaze-ah | 2016-07-13 00:29 | 飯塚 | Trackback

6月になりましたが…

獣医師の飯塚です。
暑くなってきましたね。。去年こんなに暑かったでしょうか…?
ついつい冷房のスイッチに手を伸ばしたくなるのを我慢している今日この頃です008.gif

6月は学会が多く、18、19日の春季合同学会(日本獣医麻酔外科学会、循環器学会、画像診断学会)、25、26日の日本獣医がん学会出席の為お休みを頂いております。ご迷惑をおかけ致しますがよろしくお願い致します。

近年獣医療の進歩はめざましく、診断や治療法も日々研究され更新されていく為、このような各方面の専門医の集まる学会での情報は非常に重要です001.gif

学会での専門医による講演や討論は聴いていて、とても為になることばかりです。。

また参加している大学時代の友人と会って近況を聞いたりできるのもいい刺激になりますね!003.gif

学会で得た情報は病院に持ち帰り、日々の診療に生かしていきたいと思います!
f0222527_01373293.jpg



by soyokaze-ah | 2016-06-08 07:00 | 飯塚 | Trackback
こんにちは!
前回のブログで書いたコーヒーメーカーNC-A56が手に入ったのでさっそく使ってみました003.gif動物の話とは全然関係ありませんがせっかくなので今回はその感想を…!

使い方はシンプルで、コーヒー豆を上部から入れて飲む分のお水入れてスタートです。豆の挽き方が2種類(マイルドとリッチ)選べます。

スタートするとさっそく豆をひき始めますが…。この挽き始めの音の大きさにはちょっと驚きます。他の使った方の感想などをみて、音の大きさに驚くことはわかっていたつもりでしたがそれでも始めは驚きました005.gif
ただ慣れれば大したことはないと思いますが…。
出来るまでに大体6分ほどかかります。出来た後も保温機能もついていて、それも自動で3時間後には切れるという便利な仕様です018.gif

そして味はと言うと…。やっぱり美味しいですね!まだ1種類の豆でしか試していないのでこれから色々試して行こうかと思います!

総評としては自分としては今のところ満足して使えています!これからも長くお世話になると思いますので大切に使っていこうと思います001.gif
f0222527_02042250.jpg


by soyokaze-ah | 2016-05-21 07:30 | 飯塚 | Trackback
こんにちは!今日はちょっと病気の話は置いておいて…。

皆さんはお茶と紅茶とコーヒーだったら何を一番飲むことが多いでしょうか?

自分は現在コーヒーばっかり飲んでいます。コーヒー好きの方の中には1日5〜6杯以上飲む方もいるんじゃないでしょうか。

やっぱり朝のコーヒーと夜家で一息つく時のコーヒーは最高ですよね(コーヒーの飲み方は色々言われてるみたいですが…)

最近ネットで何かいいコーヒーメーカーとかないかと探していたら、こんな物を見つけました。

http://panasonic.jp/coffee/products/NC-A56.html

なんとコーヒー豆を挽くところからドリップ、ミルの洗浄まで全自動でやってくれるようです。

かなり評判がいいのでちょっと購入を考えています。(ただ自分はあまり細かい風味などは分からないのであんまりいい物を買っても猫に小判かなと思って迷い中です…)

もし買ったら使い心地を報告させて頂きます!
f0222527_23034791.jpg



by soyokaze-ah | 2016-05-03 22:59 | 飯塚 | Trackback

ヘビに注意!

今日はヘビ毒について。。

自分は出身が埼玉県秩父市なので子供の頃は暖かい時期になればヘビは見かける事が多かったです005.gif

秩父は田んぼや森もあり、小学校の帰り道で森や川に寄り道するとよくヘビは見かけました。川の中を流れてきた事もあります。
というか学校の校庭に出る事もありました039.gif
一番よく見たのはアオダイショウという毒のないヘビで他のヘビより大きめです。
他には毒を持つマムシとヤマカガシは見たことがあります。

なのでその頃は大きいヘビの方が怖くないみたいに子供の間では言われていました。
幸い自分がヘビに咬まれたことはありませんでしたが。。
f0222527_19043606.jpg


ではヘビに動物が噛まれるとどうなるかというと…。
一応犬より猫のほうがヘビ毒にたいする耐性は強いと言いますが、噛まれれば重篤化する可能性はどちらもあります。

ヘビ毒は神経毒や心臓への毒性、皮膚潰瘍など様々ありますが、治療は抗毒素血清が一般的に置いていない動物病院では毒素が外に出るまで、輸液などの集中管理が必要になります002.gif

さいたま市にはそれほどヘビは出ないかも知れませんが、これから暖かくなりますので散歩中に繁みなどでは注意して下さい!
by soyokaze-ah | 2016-04-20 06:53 | 飯塚 | Trackback