埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah

カテゴリ:未分類( 49 )

健康診断

こんにちは、獣医師の江口です

今年もそろそろ秋冬の健康診断キャンペーンの季節です

現在その内容を検討中です!




「うちの犬は高齢だけど元気食欲あるから大丈夫!」


「若い時より活動は減ったけど年のせいだね」


なんて思っていても実は病気が隠れているかもしれません


からだの変化には、
①目に見える変化
②目に見えない変化
③飼い主様が気付いていない目に見える変化
があります


①は、それを目的に病院に行くことは多いです

ただし、②や③はどうでしょう?


②は、分からないですね
人の話でも難しいでしょう
だから人間ドックの検査を定期的に受ける方もいらっしゃると思います

③はどうでしょう
おそらく人なら自分のからだの変化には気付いているはずなので病院へ行くと思います
ただし、動物はからだの変化に気付いていても自分では病院に行けません


だから健康診断の重要性は非常に高いと思います

元気だから大丈夫
年だから仕方ない
ではなく


健康診断で改めてペットの健康について考えるきっかけになっていただければと思います(^_^)
by soyokaze-ah | 2016-11-02 23:21 | Trackback
おはようございます。
3月後半から、6月位まで、動物病院は混雑するところが多いと思います。
ワンちゃんの狂犬病予防接種やフィラリア予防の時期が重なり、来院される数が一気に増えるからなのですが、そよかぜ動物病院は沢山の皆さんがその時期に合わせて健康診断を受けて下さるので、データの解析や解説、を含めるとボンと増えるんですね。

来院される皆様には、お待たせする時間が長くなり、ご迷惑おかけして申し訳ありません。

昔は、フィラリアも毎日の飲み薬だったり、狂犬病も、公園や保健所などの集団接種が中心でしたので、このような混雑は無かったのかもしれませんが、一年に一度でもしっかりチェックできる機会が持てるのは、ワンちゃんの為にも良い制度だなぁと感じます。

お待たせして、お忙しい皆様には、お時間を頂戴してしまいますが、せっかくの機会なので、診察室の中ではどうぞしっかり心配事など仰って下さいね。

メモにしてお持ちいただくのも良いと思います。



by soyokaze-ah | 2016-04-17 06:04 | Trackback

偶然の写真

こんばんは獣医師の玉山です(^.^)
最近スマホで写真を撮ることがおおいですが、気づいたらとってもいない写真が残ってる時があります(笑)
先日はこんなのがありました。
f0222527_20534402.jpg

なんかいい感じに空が撮れてましたよ(笑)
また何かいい写真があればのせますね!
by soyokaze-ah | 2016-03-07 20:45 | Trackback

輸血

こんにちは。獣医師の井原です。

大型連休は皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。お天気に恵まれて良かったですね。

私は、子供たちと旅行に行かせていただきました。元々荷物をコンパクトにまとめるのが苦手なのですが、乳幼児を連れた旅行なので、まあ大量でございました。

さて、今回は『輸血』について書いて行きたいと思います。


犬、猫には、血液型があり、(詳しくは2014年6月、7月、に飯塚先生がまとめておりますので、興味がある方はご参照下さいね。)輸血の前には供血動物も輸血を受ける動物も色々なチェックをして、不適合が起きないかどうかを調べます。

最近は、血液型を調べるキットが用意されている病院も増えてきて、ご自宅の動物の血液型をご存知のみなさんも居るかもしれませんね。

前回の記事で、動物には輸血バンクがない。という事に触れましたが、採血した血液がどのくらい保存が可能かと言いますと、21日間と言われています。
人の方は詳しくはわかりませんが、当院での輸血の頻度が2ヶ月に1例として、輸血の準備をしておいても、使わずに廃棄になる事になってしまいますから、勿体無いですね。

大変ありがたいことに、当院には輸血に協力してくれる動物たちと飼い主のみなさんが居てくださいますので、助かっています。


怪我、病気、様々な理由で輸血が必要な状態になりますが、とにかくすぐに輸血しないと、命がもたない!という場面もありまして、そんな時は、生まれて初めての輸血は、副作用が出にくいという一面があります。(実際、私は、輸血による副作用が原因で危険な事になった事はありません。)

その理由について、特に猫でおもしろいデータがありましたので、書いておきますね。


猫は、自然発生同種異系抗体を持つのですが、簡単に言うと、血液型がはっきり別れていて、違う血液型を輸血してはいけません。と言うことなのですが、雑種のばあい、ほとんどがA型。シャム、アメリカンショートヘアーは100%A型。アビシニアン、ペルシャ、ソマリ、スコティッシュは11~20%がB型、ブリティッシュショートヘアーは20~60%がB型だそうです。


輸血が必要な病気には色々ありますが、外傷(事故、内臓損傷など)を除くと、免疫介在性溶血性貧血での輸血は緊急を要する事が多い様に思います。

赤血球の表面についた、抗体によって、赤血球の破壊が促進されるためにおこる病気なのですが、前の日まで元気に食事をしていたのに、次の日の朝、急に立てない!なんて子もいるみたいです。プードル、アイリッシュセッター、コッカースパニエルは起こしやすく、2歳から8歳、メスはオスの3~4倍おこりやすいそうです。


長くなりました。本日はこのへんで。











by soyokaze-ah | 2015-09-26 13:44 | Trackback

希望

毎夜それは生まれ、毎夜それは消えるもの
それは、希望
f0222527_00243571.jpg

by soyokaze-ah | 2015-09-03 22:25 | Trackback
梅雨も明けて、とても暑い日が続きますね!
自分はクーラーに頼りっきりです…008.gif

ところで自分は先日の土曜日と日曜日にお休みを頂き、日本獣医がん学会に参加してきました!

f0222527_00370197.jpg


近年、動物の寿命は大きく延びていますが、それに伴って動物のがんも増加しています。

今回のメインシンポジウムは「口腔内メラノーマ」でした。最新の研究や討論など非常に勉強になることばかりで、とても充実した2日間でした!(でもちょっとイスが固くて長時間座ってるのは正直キツかったです(ー ー;))

口腔に発生するがんはメラノーマをはじめ様々ですが、やはり共通して言えることは「早期発見」がとても大事だということです!!

早い段階で発見できるか否かで予後は全く異なります。

皆さんも普段からお家のワンちゃんネコちゃんの身体だけでなく、口の中も定期的にみてあげて何かできものがないかチェックしてあげるようにして下さい!
by soyokaze-ah | 2015-07-19 23:51 | Trackback

想い

f0222527_18530411.jpg

想いは伝わる。
良い想いも、悪い想いも。
だから、愛を込める。


by soyokaze-ah | 2015-06-17 18:46 | Trackback

血豆の治し方

鼻水止まらないです(T ^ T)

今日は少し前にちょっとした実験を行いましたのでそのお話を…。

ある時ちょっとワンちゃんの歯があたって手に血豆が二ヶ所出来ました。

どうしようかと思いましたが、治し方として、
血豆を潰す派
そのままにしておく派
に分かれるみたいな話を聞いたんですよね009.gif

そこで実験として、片方は無菌針で潰し、片方はそのままにしておきました。
3日後
f0222527_20255098.jpg


2週間後は
f0222527_20255139.jpg


結果はあまり変わらなかったですね001.gif

ただ心なしか潰した方は少し跡になった気もするのでわざわざ潰す必要はないかな、と個人的には思いました!
by soyokaze-ah | 2015-04-26 20:10 | Trackback

ニューフェイス!!!

こんばんは!
今日は新しくそよかぜに仲間入りした
2人の獣医師の先生をご紹介します(*^_^*)

玉山先生と江口先生です!
~玉山先生から一言~
今年からそよかぜ動物病院で働くことになりました。
大阪生まれですが、今は病院の近くでマロンちゃん(ウサギ)と二人暮らしです。
自転車が好きで、毎朝ピストバイクという軽い自転車で通っています!
見かけたら是非お声かけください。

~江口先生から一言~
はじめまして!
今年からお世話になります。
出身は新潟で、趣味はサバイバルゲームです。
実はヘルニアもちなのですが、何キロもある装備を背負って
全力で兵士ごっこしてます!
気軽にお声かけください!よろしくお願いします!

今までは女性陣が多いそよかぜでしたが、
男性陣が多くなってきました!

若々しいお二人。
そよかぜ動物病院もますますさわやかになってきました!


f0222527_19522733.jpg
右)江口先生、左)玉山先生です!
これからもそよかぜ動物病院を
よろしくおねがいします!!




by soyokaze-ah | 2015-04-11 19:55 | Trackback

神経科セミナー

今日は神経科セミナーに出席しました。神経と聞くとなかなか取っつきにくい分野ですよね。
主に、てんかん発作や椎間板ヘルニアが浮かぶと思いますが、飼い主さまが普段気がつかない症状を検出す
るための専門的技術を学びます。
人では、MRI検査が、比較的簡単に行えますが、動物医療では、麻酔の必要性や検査費用の面でまだまだ身近ではありません。
我々獣医師の観察力の必要性を感じたセミナーでした。
このセミナーは、4回シリーズなので、次回がまた楽しみです。
f0222527_23104584.jpg

視るのではない、
感じるのだ。
by soyokaze-ah | 2015-02-27 23:09 | Trackback