分院でも活躍してます!

玉山先生のブログにもありましたが、先日こちら北与野分院でも内視鏡が活躍していました!
やはり異物の誤飲です。

ただこちらの子は内視鏡だけではなく、エコー検査もとても活躍しました。
何度も吐くとのことで病院へ来て、血液検査では大きな異常はありませんでしたが、エコー検査で胃の中に何やら怪しいものが…
実際の写真がこちら
f0222527_00073875.jpg
見方はこんな感じ
f0222527_00081905.jpg
ここから想像するとこんな異物
f0222527_00085082.jpg

断面を変えると
f0222527_00091550.jpg
表面がキレイにまっすぐですね、普通の胃内ではこんな風には見えません
f0222527_00094249.jpg
想像するとこういう風でしょうか
f0222527_00100508.jpg

ただここから自信を持ってレントゲンを撮ってみましたが、何も映らず…
レントゲンは素材によって映るもの、映りにくいものがあります。
骨や金属製のものははっきり映るんですがね…
今回の症例ではエコー検査をやらずにレントゲン検査のみでは発見が遅れていたかもしれません。

結局飼い主様とお話をして、内視鏡をやることに。
ほら、ありました。
f0222527_00104163.jpg
つかむのに手こずりましたが、やはり10分ほどの処置で終わりました!
閉塞はありませんでしたが、胃の粘膜は全体的に荒れていました。

エコー検査のおかげで異物誤飲を見逃すことなく早期に見つけることができたのと、内視鏡のおかげでお腹を切らずに済みました。

トラックバックURL : http://soyokaze8.exblog.jp/tb/24450050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2015-09-09 00:20 | 村上 | Trackback

埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah