埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah

眼の特殊手術

f0222527_23104276.jpg
このわんちゃん、待合室でおなじみの方もいらっしゃるんではないでしょうか?
診察室の扉が開くのをずっと扉の前で待っている子です。
ごはんが食べたいのをずっとこらえてよだれを出していますね037.gif

さて、本題です。
この子、実は片方の眼は見えていません。
どっちの眼が見えていないかお分かりですか?

右眼(写真だと左側)が見えていません。
シリコンボールインプラント挿入術という手術をしており
表層の角膜は自分のもの、中身はシリコンという状態です。

この手術は主に緑内障で視力を失ったり、痛みが激しく目が突出(牛眼)した場合に
必要な特殊な眼科手術です。

この手術をすると表面は自分の角膜なので
いわゆる「義眼」とは異なり、
見た目はほとんど手術したのかわからないですよね。

この手術により
眼が突出して見た目が悪くなることを防いだり、
高価な緑内障専用目薬の生活から解放されます。

この子も眼の痛みが全くなくなり、
とっても元気です016.gif

緑内障の症例に関して当院では
網様体凝固術というレーザー照射手術や
このシリコンインプラントの手術を行っています。

眼科手術は特殊な器具、なんといっても特殊な「腕」が必要です。
高齢化により緑内障の患者様も増えているので
このような手術が出来るように致しました。

困っている方はご相談下さいね。


f0222527_23125820.jpg
実際のシリコンボール(眼の大きさに合わせて各種あります)と
ボールを入れる器具。








トラックバックURL : http://soyokaze8.exblog.jp/tb/21916812
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2014-04-28 23:36 | モンちゃん | Trackback