100gの奇跡

f0222527_225225100.jpg

耳に腫瘍ができたゴールデンハムスター

f0222527_22531428.jpg

この子には胸にも腫瘍があったので合計二個切除しました。

今日はハムスターの手術についてのお話をさせていただきます。
病院でみかけるペットで
犬猫の次に多いのはハムスターです。
そのハムちゃんは、
歳をとると、腫瘍が出来る率が高いペットといえます。
という訳で、(何か出来てるんですけど・・・)と不安そうな飼い主様が多数いらっしゃいます。
小さな体に、腫瘍がかなり大きくなることが多く、放置して腫瘍が破裂して大惨事になることも。
それを、回避するため手術で切除するケースもあります。

犬猫と違って体が小さいので、
数滴の出血が命とりになることも。

当院にはその出血を抑え、素早処置が出来るレーザーがあるので、
このレーザーをハムちゃんにも使います。

もちろん、全身麻酔も行います。

体は小さいですが
行うことは犬猫並みです。

スタッフたちも、小さな命に向かって
ガンバレーと皆で応援しながらの処置です。

無事麻酔から覚めると歓声があがり、私も緊張感から無事解放されます。

小さな子だと30g。頑張っている小さな子と、その優しいご家族のために日々私も頑張ります!
トラックバックURL : http://soyokaze8.exblog.jp/tb/21245181
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2014-01-08 22:51 | モンちゃん | Trackback

埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah