ラサ・アプソ

おはようございます。

前回にひきつづき、今回も犬種について紹介します(^-^)

今回は、『ラサ・アプソ』という犬種です。

日本ではあまり見かけない珍しい犬種ですが、
ペキニーズと同様にシーズーの祖先犬となったと言われています。

原産国は、チベットです。

起源ははっきりと分かっていませんが、
数世紀に渡り、僧侶や貴族が独占して飼育し、
死んだラマ族の魂がこの犬に宿ると信じられ、門外不出の犬として大切に扱われていたと伝えられています。

また、約2000年前のチベットの首都ラサで、「幸福を招く魔除けの犬」として飼育され、
番犬として不審者が近付くと吠えて知らせていたとも言われています。
このことから、チベットでは「アプソ・セン・カイ(よく吠えるライオンに似た犬)」と呼ばれ、
「ラサ・アプソ」という犬種名は、このチベットでの呼び名に由来しているという説もあります。

性格は警戒心が強く、独立心旺盛で、少々頑固で気の強い面も持ち合わせています。

f0222527_8214595.jpg


シーズーと同じように目の病気も多いようですので、お気を付け下さい!
トラックバックURL : http://soyokaze8.exblog.jp/tb/20273507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2013-08-25 07:15 | 中郡 | Trackback

埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah