眼科特殊治療

緑内障をご存じでしょうか?
中高齢の犬猫に多い病気の一つで
白内障と同じく視力を失うことにつながる病気です。

白内障と大きく違う点は
眼圧が上昇するため激しい痛みを伴い最終的には目を摘出せねばならなくなる可能性が高いということです。

一刻も早く治してあげなければいけません。

治療は
眼圧を下げる点眼薬を一生続けることです。

しかし、この点眼薬治療に問題点が。
・この点眼薬が効かない子がいるということ
・最初のみ効いてあとは効かなくなること
・とっても高価であるということ。

そこで、点眼薬に代わる方法として
毛様体凝固術というレーザーの特殊治療 を当院では行っています。

麻酔をかけて眼の一部にレーザー照射をして治すという治療で、
目薬生活から解放されることをめざしていきます。
本日もこの治療を行った子がいますが
治療成功率はとても高いので、
眼の痛みが早く改善すればいいなと願っています。

緑内障は
高血圧やその他様々な症状と併発することがあり
なかなか気づきにくい病気で、しかも起こるとペットや飼い主様の負担がとても大きい病気です。

何か目が痛そうでつぶっているなどの異常があればすぐに
お知らせくださいね。中高齢期の子は症状がなくても眼圧のチェックを受けることをお勧めします。

>
f0222527_23303023.jpg


f0222527_23312789.jpg

ねむーいっ
トラックバックURL : http://soyokaze8.exblog.jp/tb/18664664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2013-02-18 23:40 | モンちゃん | Trackback

埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah