皮膚科特別診療より

当院では皮膚科特別診療をしているので
他院に通っていたがなかなか治らないという皮膚病に悩むわんちゃん、猫ちゃんが多く来院します。

その中の一人で
私がいつも悩み続けていた猫ちゃんに
治る兆しが見え、
とっても嬉しく思っています。

その子は
長年全身の痒みとそれに伴う脱毛とカサブタに悩んでいました。

猫ちゃんの皮膚病治療というと
わんちゃんよりも困難な場合が多いです。

どうしてか?

猫ちゃんはわんちゃんと比べ
1 薬の投薬が大変
2 フードの変化に対応できない
3 シャンプーが難しい
4 掻かないようにするためのカラーをつけるのが困難

という数々の理由からです。

私がこうしてほしいと思っても
なかなか思うようにいかず、困難を極めます。

しかし、
今回は飼い主様と猫ちゃんの協力により
治療を進めることが出来ました。

その子の病名はは病理検査により
好酸球性皮膚炎とのこと。

猫の皮膚病の中では多いのですが
いわゆるアレルギーが根本原因なので
かなり治療には苦労する病気です。

ステロイドが特効薬です。
しかし、今回は他院で投与され続けていたことと、ウイルスの病気を持っているということでしたので
ステロイドを使うことを断念せざるをえませんでした。

環境改善、食事療法、ステロイド以外の薬物治療・・・・を併用し
半年かけて良い兆しが見えて来ました。

飼い主様から
「カラーをとっても掻かなくなった!元気になった!」
との報告を受けたのです。

「長年悩んで来たから、この治療の期間は辛くなかった」と言って下さったので
本当に嬉しく思いました。

獣医師という仕事をやってきて
この治せたーという瞬間が一番好きです。

治療方針に賛同し辛抱強く頑張ってださった猫ちゃん、そして飼い主様に感謝します。
f0222527_23434034.jpg

エサのサラに顎のせて休んでいます。
わんちゃんでも枕を使ったりする子いますよね。
トラックバックURL : http://soyokaze8.exblog.jp/tb/17217420
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2012-02-19 23:48 | モンちゃん | Trackback

埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah