産まれました!

昨日の夜中帝王切開が行われました。無事、4頭の元気なチワワが誕生しました。

帝王切開とは
母体が自力で産むことが困難な場合、
または困難だと予想される場合に
行われる手術です。

全身麻酔をかけて行いますので
母体だけでなくもちろん
お腹にいる胎児にも麻酔がかかります。

ですので
1 素早く正確な手術(ゆっくりしていては胎児に麻酔がどんどんかかってしまいます)
2 胎児の蘇生術(麻酔から覚醒させる必要があります)
以上の2つの技術が必要で
これらを同時に行うためには
スタッフ間のチームワークが必要となります。

今回、帝王切開に初めて加わったスタッフをはじめ
全員が新しく産まれた命に感動をしました。
お腹から取り出された胎児が
息を吹き返し自分で呼吸をし始める姿は
何度見てもやはり嬉しいですね。

今回自分の手で懸命に蘇生を行った
看護師たちは
きっとずっとこの感動を覚えているんだろうなと思います。

院長の迅速な緊迫した手術野の中では
村上先生が助手役を必死にこなしていました。
緊張していたんでしょうね。でも立派にやっていました。

この私はというと・・・
まあ良い言い方をするとコーディネーター役っていう感じで行ったり来たりしてました。
スタッフが育って来ているので残念ながらあまり大事な役目はありませんでした。
もっと素敵な役割を果たしたかったなあ。

疲れきってしまったお母さんチワワですが
育児放棄もせず、頑張って子供のお世話をしているようです。
ほっとしました。

今回、私たちを信頼して下さり、帝王切開に踏み切る決断をされた
飼い主様に深く感謝致します。

産まれたばかりの子たち
f0222527_2311752.jpg


お腹が痛いのにおっぱいをあげています・・
f0222527_23114041.jpg


病院正面の広場にて
f0222527_2315169.jpg

トラックバックURL : http://soyokaze8.exblog.jp/tb/16754155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by soyokaze-ah | 2011-10-29 23:18 | モンちゃん | Trackback

埼玉県さいたま市中央区与野の動物病院「そよかぜ動物病院」のスタッフがお届けするブログです!


by soyokaze-ah